ヒップホップ界のラスボス召還!ドクター・ドレーが映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』を語る【動画】


1986年、アメリカ屈指の危険な街コンプトン。ブラッズとクリップスという2大ギャング・グループが麻薬売買で勢力を拡大。その地区のほとんどが黒人だったため、警察官による黒人差別が過熱。罪のない人まで不当に逮捕されるようになった。



そこで5人の若者は差別に対する怒りをラップに込めて主張したところ、若者を中心に大ブレイク。フラストレーションの溜っていた住民にも火がつき、彼らはロサンゼルス暴動の渦中に置かれることになる。5人が結成したグループの名前はN.W.A.=Niggas With Attitudes(主張のある黒人たち)。あまりにも過激な彼らの歌詞は警察、そしてFBIからも監視の対象となった。こんな信じられない実話を映画化したのが絶賛公開中の『ストレイト・アウタ・コンプトン』だ。

映画タイトルになったN.W.A.の代表曲「Straight Outta Compton」
https://youtu.be/TMZi25Pq3T8


今回N.W.A.のオリジナルメンバーであり、本作の製作を務めたHIP HOP界のラスボスことドクター・ドレーのインタビューを独占入手!!ドレーは「b」のロゴがついたヘッドフォンで有名な「Beats by Dre」のプロデューサーであり、あのエミネムを発掘した超敏腕プロデューサーであることを知っておいてもらいたい。自身で最もパーソナルなN.W.A.時代のこと、メンバーのひとりでカリスマフロントマンだった亡きイージー・Eへの想い、そして映画にかける想いを静かに語る。

https://youtu.be/DJfY1nXU6ok





映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』は渋谷シネクイントほか公開中!
(C)2015 UNIVERSAL STUDIOS

■参照リンク
『ストレイト・アウタ・コンプトン』公式サイト
http://soc-movie.jp/


■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む