80トンの巨大クジラが宙を舞って船を攻撃!一体どうすりゃいいんだ!?『白鯨との闘い』特別映像



『ビューティフル・マインド』『アポロ13』といった名作を手がけたロン・ハワード監督最新作、捕鯨船"エセックス号"を襲った衝撃の実話を描いた『白鯨との闘い』が2016年1月16日(土)より公開される。この度、実際に起こった海難事故をベースにした本作だからこそ可能になる「この極限状態でどう行動するか」という問いかけが関心を引きつける特別映像が解禁された。

https://youtu.be/T49xR4oQBxs


到着した映像は、美しい海の風景から始まる。そこに突然現れるのは、船を襲う巨大過ぎる"白鯨"。船のマストが折れ、船員たちは海に投げ出されてしまう。鯨のとる行動の全てから人間への怒りが感じられる、印象深い映像だ。現実に起こったこととは思えない映像だが、最後に「衝撃の実話」というテロップで結ばれている。

乗組員達はこの遭遇によって船をなくし、水も食料も無しに3ヶ月の漂流生活を送ることに。陸を目指して漂流するものの、極限の状況に仲間達が次々に倒れていく。生き残った男たちが、生きて帰るために何を決断し、実行したのか。そして、あなたが同じ状況に置かれたら何をして生き延びようとするだろうか?

映像中に現れる鯨の行動は全てリアルなものだ。例えば海面に姿を現す大迫力のシーンだが、これは実際に観測されている鯨の行動のひとつである"ブリーチング"と呼ばれる行動。その目的は様々であるが、威嚇の際にも使用されることがわかっている。記録では80トンに及ぶとされる巨体が宙に舞う姿は、鑑賞者に大自然の生物が持つ圧倒的な力を見せつける。


1819年に出港した捕鯨船"エセックス号"の乗組員達は、太平洋のど真ん中で体長30メートルの巨大な鯨と遭遇し、船を沈められてしまう。3ヶ月にも及ぶ漂流を強いられた船乗り達が、食料も水も無い絶望の中で生き延びるために下した究極の決断とは? 日常に溶け込んでいる"スターバックス"の由来ともなったその物語と、オーウェン・チェイスの壮絶な真実を、是非劇場で目撃して欲しい。

https://youtu.be/Vyziwgqo0S4


『白鯨との闘い』 は2016年1月16日(土)より全国ロードショー

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

■参照リンク
『白鯨との闘い』公式サイト
wwws.warnerbros.co.jp/hakugeimovie/

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む