屋根に300匹の鳩が群がってほのぼの・・・と思いきや実はマリファナ栽培所だった!


なんともマヌケな理由で"大麻の栽培所"の場所が近所の警察にバレてしまったというニュースが届いた。


英国マージーサイド州セント・ヘレンズのアールズタウンで、ある大麻栽培所が検挙された。寒い冬の日の朝に屋根に約300匹もの鳩が群がっていることで、近所の警察が疑念を持ったようだ。温められた温室の屋根には霜が降りておらず、代わりに大量の鳩が集まっていたというから、なんともほのぼのした光景だ。

警察によって検挙された温室の中には大麻14本が栽培されており、おそらく10週間で約1,200ポンド分(約22万円分)の利益を上げられるほどの量だったそうだ。凍えるように寒い冬でも温かい温度に保たれた温室の屋根は、鳩が一休みするのには居心地がよかったのだろう。

しかし、警察署は大麻栽培所の20ヤード(約18メートル)先だったようで、どちらにせよバレるのは時間の問題だったかもしれない。




https://youtu.be/qtBloRAxFK8


■参照リンク
Cannabis farm near police station discovered due to pigeons keeping warm on the roof
arbroath.blogspot.jp

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集
続きを読む