TOKIO・長瀬智也が「マンション組合の副理事」であることを告白、会合にも参加してイイ人過ぎる!


TOKIOの長瀬智也が、1月6日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、マンションの役員を務めていることを告白。ネット上で話題を集めた。


この日のトークでは"ご近所付き合い"が話題に。芸能人はご近所付き合いを避けるイメージがあるが、長瀬はなんと今住んでいるマンションの組合・副理事を務め、会合にも参加しているのだという。

長瀬が「副理事っす」と軽いノリで明かすと、ゲスト出演した女優の武井咲は「えー!」と仰天した。

長瀬は、1月13日からスタートするドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)で"病理医"を演じているが、住んでいるマンションにはたまたま病理医の人がいたのだとか。「マンションに病理医の方がいたんですよ!その会(組合会合)のときにいろいろと話をして」と副理事を務めた経験が仕事に生かされたことを明かした。

また、会合では防犯カメラのHDDの容量について話し合ったりするそうで、長瀬は「値段がだいぶ違いますから!」と話し合いの内容について話した。

一方、同じマンションに20年以上住んでいる城島茂は、ご近所付き合いについて「僕はもう任せますって」と避けていることを告白。副理事を務める長瀬は「うわ!団体行動乱すんだね」と呆れていた。

これを観た視聴者は、長瀬がご近所付き合いをしていることを意外に感じた様子。ネット上には「長瀬が副理事を務めていることに 1番驚いた今日のトキカケ」「長瀬さんが副理事長のマンションて! なんて素敵なの」「副理事ちゃんとしてる長瀬くんワロタ」「TOKIOの世間との距離の近さ笑」「副理事ってびっくり!」「芸能人でもご近所付き合いするんだね」「どこまで素敵なの!」などの声が集まっていた。

■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(毎週水曜夜23時より放送)
http://www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/index.html


■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む