東宝版ゴジラ最新作『シン・ゴジラ』の写真が海外でリーク!?ファンの間で大激論


7月29日に公開される東宝版ゴジラ最新作『シン・ゴジラ』の最新ショットが海外でリークされたようで、大反響を呼んでいる。


日本のみならず、海外でも大きな注目を集めている「ゴジラ」シリーズ。前作から12年ぶりの新作ということで待ちきれないファンも多く、ネットやSNSには次々と情報が流出している。これまでにも路上での撮影シーンなどが投稿されてきたが、今回はベールに包まれていたゴジラの姿がついに明らかになった。


リークされたとされる画像を見ると、これまでと較べてやや首が長く、赤っぽい色で、丸いギョロリとした眼が特徴的だ。

この画像を見た海外ファンは「あまり怖くないな。安っぽい」「クッキーモンスターみたいな目玉」「このデザインは嫌いだ」などとコメントしており、やや不評のよう。しかし、「アメリカ人には理解不能、日本人はゴジラについての全てを分かっている」「これが最終的な形態ではないみたいだ」との声も。「なぜ2016年にCGを使わないのか?」という意見には「着ぐるみのゴジラが最高なんだよ」などの反論もあり、GCなど新しい技術を取り入れるべきと考えるファンと、特撮にこだわるファンの間で激論が交わされている。

今回の写真について真偽のほどは明らかになっておらず、東宝側も当然ながら声明は出していない。ネット上だけで盛り上がりを見せているが、海外の特撮専門家、August Ragone氏も「東宝スタジオで撮影されたプライベート写真の流出」と今回のゴジラの写真が『シン・ゴジラ』用の本物と断定している。






■参照リンク
『シン・ゴジラ』公式サイト
shin-godzilla.jp

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む