SMAP解散・独立報道に対するTOKIO国分太一のコメントが「泣ける」と話題に


1月14日に放送された『白熱ライブビビット』(TBS)にて、TOKIO・国分太一がSMAPの解散・独立騒動について番組冒頭でコメントし、視聴者からの注目が集まっている。


番組では、SMAPの解散・独立騒動について、スポーツ紙の記事を中心に構成したVTRや、この日の朝に発売された新聞記事を紹介したが、それを神妙な面持ちで見つめていた国分は、「そうですね、僕も昨日も言いましたけども、やはり僕もスポーツ紙で知ることが多かったり、一般紙を読んで知る状況なので、今、自分が何を語っていいかも、正直わからない状態です。僕自身もなんかこうちょっともやもやしてるところもあったりとか、しますけれども、やはり昨日も言いました。SMAPのメンバーが何かを語ってからじゃないと、僕からは語ることはできないかな、と。これはやっぱ僕もアーティストですし、SMAPも偉大な先輩です。なのでその先輩のコメントを待ってから、自分も自分の言葉で何か伝えられたらなとは思っています」とコメント。これを観たネット上の視聴者からは「めっちゃ真剣な表情...」「言いたいこと必死に我慢してそう」「もしかして昨夜は眠れなかったんじゃないかな」「こういう役目って大変」「ここでこのニュースって...やめてあげて」「なんか観ていてウルっとしてしまった」「いい形になってほしいわ」といった様々な声があがった。

番組内でも紹介されたように、SMAPと言えば、今や我が国のみならず、世界中に多くの熱狂的なファンを抱えている大スター。それだけに、多くの人々にとってその動向は気になるところであるが、いずれにしかりファンや関係者にとっても、また、SMAPのメンバーにとっても最良の結果となってくれることを我々は願うばかりだ。

■参照リンク
『白熱ライブビビット』公式サイト(月〜金曜あさ8時からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/vivit2015/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む