バナナマン設楽統、共演してイメージが変わったタレントに松岡茉優をあげる 「最初この子嫌いだったのよ」


1月15日に放送された『バナナマンのバナナムーンGOLD』のポットキャストで、設楽統が女優の松岡茉優について語り、話題を呼んでいる。


あることから松岡茉優の話になった今回のポットキャスト。設楽が「俺、この子最初さ嫌いだったのよ」とまさかの告白をした。その理由を、「(以前に)おぎやはぎの番組を見ていた時に、なんかさ、おぎやはぎと一緒に並んで、ちょっと・・・こうお笑いの若手が出てくる番組だから、ちょっとなんか生意気に見えちゃったんだよね」と打ち明けた。

松岡は、以前おぎやはぎがMCを務める若手芸人の登竜門とされるバラエティ番組『うつけもん』『オサレもん』『ツギクルもん』で、アシスタントMCを務め、その後も卓越したバラエティセンスと確かな演技力で人気に火がつき、今ではネタ番組『ENGEIグランドスラム』のMCを務めるほどの実力の持ち主だ。

しかし設楽は「お笑いの番組って特に感じるというか。やっぱ自分たちがやってるのを若い子が・・・昔俺らも若手時代に呼ばれてネタやったらアイドルみたいな女が何か言ってて。ただ今考えると、その子たちも『けなせ』って言われてたと思うんだよね」と今だから分かる事情を察しながらも、日村も「(当時は)『面白くない』とか言われるのがすごいイヤだったもんね」と、若手時代はお笑いではない若いアイドルたちから、「つまらない」などけなされるのがイヤだったことを明かした。

設楽は、「そういう部分にちょっとピリピリする部分があるから、(松岡のMCを)観てた時、なんかこう・・・おぎやはぎと一緒になってしゃべってる感じがして、なんかな~って思ってたんだけど・・・」とあまり良い印象は抱いてなかったようだが、最近番組で共演する機会があり一気にイメージが変わったのだとか。

「(番組が)始まって、ものの数秒で『すんげえイイ子』だったじゃん」と印象を語り、日村も「すんごいイイ子」「超勘がイイよね」と語った。設楽は、「もうね、共演してから逆に、今までちょっと『ヤだなぁ』があった分、振り幅がデカすぎて『イイ子だなぁ』じゃなくて、『あ、この子なんか好きだな!』ってくらいまでいっちゃった(笑)」とテレビで見るイメージとは異なり、今では好きになったことを告白。

そして、「たぶんバラエティ思考も強いし、一生懸命やったりする感じだし、その番組のテイストでそのポジションにいるからね」とバラエティで意見を言う松岡のポジションを察し、「別にフォローするつもりもないけど、俺は単純に一緒になった時に『なんてイイ子なんだ!』って思ったから」と語る設楽。日村も「可愛いし すごいイイよね。本番の時とかすごい明るい感じで、ちょっと突っ込んでくれるというか。お笑いが好きなんだろうね」と2人して褒め称えた。

ネット上では「設楽さんが(最初嫌いだったけど、会ったら好きになった)松岡茉優さんをベタ褒めしてた」「設楽さんの言う事スゲー分かるwボクらの時代見るまで勝手に生意気だと想像してたなぁ」「松岡ちゃんがしっかりしすぎなんだろうね」など様々な意見が上がっている。



■参照リンク
『バナナマンのバナナムーンGOLD』公式サイト(毎週金曜日 25時00分~27時00分)
http://www.tbsradio.jp/banana/index.html

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む