映画『オデッセイ』、個性派・頭脳派ぞろいの乗組員たちの性格が一目瞭然でわかるスペシャル映像



巨匠リドリー・スコット監督が、類まれな圧倒的演技力で世界中を魅了し続けるマット・デイモン主演で描く感動の超大作『オデッセイ』が2月5日より公開される。この度、"本編では描かれていない"映像が到着し、火星探査ミッション<アレス3>のクルーが、打ち上げ前に"孤立訓練"を行い、終了時に心理学者による面接を受けている姿が明らかになった。

https://youtu.be/2cQMsVhIv_I


映し出されるのは、マット・デイモン扮する[マーク・ワトニー]をはじめ、船長で地質学者の[メリッサ・ルイス(ジェシカ・チャスティン)]、医師の[クリス・ベック(セバスチャン・スタン)]、システム・オペレーターで原子炉研究者の[ベス・ヨハンソン(ケイト・マーラ)]、天体物理学者の[アレックス・フォーゲル(アクセル・ヘニー)]、操縦士の[リック・マルティネス(マイケル・ペーニャ)]が実際の宇宙飛行士さながらに、宇宙空間で孤立して、救助を待つときに対応するための訓練を行った後の面接の様子。到着した映像を観るだけで、作品を観ていなくてもキャラクターの性格が一目瞭然だ。

特にクルーの人気者だというワトニーは、孤立状態で何を考えていたかを問われると、アメコミヒーローの「アクアマン」のことが気になって仕方が無かったという。「なぜアメコミヒーローのアクアマンにクジラが操れるんだ?」などと熱く語る姿からは、10日間位孤立しても、へっちゃらであることが容易に想像できる。アクアマンは、水生生物とテレパシーで会話ができるパワーを持つが、哺乳類のクジラが操れることについて、自身の分析を交え話が止まらない。この男、数日後には火星でひとりぼっちで取り残されることになるのだが......持ち前のポジティブさで究極の絶望に直面しながら、生き延びることはできるか!?


2007年にエンデバーのミッション・スペシャリストを務め、合計で約22時間となる3回の宇宙遊泳を実施した女性宇宙飛行士トレイシー・ダイソンは、「特殊な環境で生まれる緊張感を和らげるのはユーモアを持つことなの。笑いは日々の張り詰めた気持ちを和らげてくれる。どんなミッションにも不可欠よ」と明かすことからも、宇宙飛行士の必須条件の一つとしてユーモアがあるのかもしれない。ワトニーだけでなく、映像に映し出される他のクルーも、カウンセラーの質問への切りかえしがユニークなところにも注目だ。

たったひとりの男の不屈の挑戦が、心揺さぶる"史上最大の奇跡"をたぐり寄せるアドベンチャー超大作。ワトニーをはじめとする登場人物たちの苦難、絶望そして、希望に縁どられた長い旅路の先に最高の興奮と感動が待っている。


映画『オデッセイ』は2月5日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー

(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved



■参照リンク
『オデッセイ』公式サイト
www.foxmovies-jp.com/odyssey/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む