石原良純のピュアすぎる発言が「カッコよすぎる」と話題に


2月3日に放送された『1周回って知らない話』(日石原良純のピュアすぎる発言が「カッコよすぎる」と話題に本テレビ)に、俳優・石原良純が登場。番組中で語ったその"ピュアすぎる発言"が視聴者の間で話題となっている。


番組では「テレビで当たり前になりすぎた"今どきの視聴者"が知らないギモン」=「1周回って知らない話」をテーマに、その素朴な疑問を本人にぶつけるという展開で番組が進められた。その中で、「色々やっているが、結局、何がしたいのか?」という質問をぶつけられた石原は、大真面目に「地球を守りたいんです!」と断言。その理由について「恩返しをしなきゃいけない歳になってきてるのね。その中で何ができるのかなっていう中で、僕は地球を(守りたい)」「たとえばね、僕は気象のことやってるじゃない?地球温暖化の話っていうとね、すごくみんな聞くの面倒臭いしね、得がないのよ」と、自らがテレビに出て気象について語ることで、少しでも地球環境への関心を持ってもらいたいのだと説明したが、そのある意味ピュアすぎる発言に、スタジオはなんとも言えない雰囲気になった。これを聴いたネット上の視聴者からは「めっちゃいい人w」「たしかに戦隊モノとか似合う顔してるwww」「基本が坊ちゃんだからこういうまっすぐな気持ち持てるんだと思う」「この人は本気でそういうこと考えてそう」「1周回って謎すぎる話」「笑顔とか口調とかだんだん親父さんソックリになってきたな」「このまま行ってほしい人だなw」といった声が寄せられた。

石原と言えば、気象予報士や俳優・タレント業、さらには練り物の大使である「練り全権大使」など、実に様々な顔を持つ一方で、年始には不思議な年賀はがきをあちこちに送るなど、あまりに個性的すぎる言動でしばしば注目を集めるが、そうした中で語った今回の内容だけに視聴者にとっては実に興味深いものであったようだ。



■参照リンク
『1周回って知らない話』公式サイト
www.ntv.co.jp/1syuu/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む