シリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス』は「シリーズ最大の感動作」!予告編&ポスター解禁【動画】



『X-MEN』シリーズ過去5作を締めくくる集大成となる最新作『X-MEN:アポカリプス』待望の日本公開が8月に決定した。また、予告編が到着し、今まで一切明かされてこなかったタイトルにもあるアポカリプスのビジュアルとストーリーの一部が明らかになった。

https://youtu.be/-Bz-Xwj09lQ


1983年、文明の誕生以前から、「神」として君臨していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ます。人間の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、新たな秩序をもたらそうと、マグニートーら強力なミュータント4人"黙示録の四騎士"を率いる。その流れを危険視したのはミスティーク、プロフェッサーX、サイクロップス、ストームらの若きX-MENたち。最強の存在、アポカリプスをめぐり、X-MENのかつてないバトルが始まった。黙示録が現実となり、現代文明は終末を迎えしまうのか?

史上最強のミュータント・アポカリプスに扮するのは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザック。マグニートーを演じるマイケル・ファスベンダーや、ミスティークに扮するジェニファー・ローレンスも続投する。さらに、映像の最後には、エグゼビアに扮するジェームズ・マカヴォイがプロフェッサーXと同じような見た目で映し出される。メガホンを取るのはもちろんブライアン・シンガー監督だ。


『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』『X-MEN:フューチャー&パスト』に続いてプロデューサーを務めるサイモン・キンバーグは「シリーズの中で最大の作品になるよ。これまでにないような大胆な設定で、世界全体が破滅の危機にさらされるという物語なんだ。そして、シリーズ中最高の感動作になると思う」と自信の程を明かす。

ついに明かされるX-MEN結成の秘話、そしてミュータントの始祖にして最強を誇る「アポカリプス」の降臨...黙示録とは、終末の予言。人間の想像を超えた太古の神が復活し、現代の恐るべき都市伝説と化す、シリーズ初の衝撃の世界観。空前の大スケール映像で完結をみせる『X-MEN』ワールド。世界中が激震するその瞬間を、観逃すな。


『X-MEN:アポカリプス』は8月TOHOシネマズスカラ座他全国ロードショー

https://youtu.be/COvnHv42T-A


© 2016 MARVEL & Subs.
© 2016 Twentieth Century Fox

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む