TOKIOも衝撃!野村周平がオーディション賞金100万円の切なすぎる行方を告白


俳優・野村周平が、2月3日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ)に出演。自身がオーディションで獲得した賞金の行方について明かしたところ、ネット上で「哀しい」などと同情する声が集まった。


野村は、TOKIOの城島茂がベテラン看護師に女装し、ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ)の撮影現場で人気俳優たちの健康状態を診察する「フラジャイル診察室」に登場した。

野村は2009年にアミューズの全国オーディションでグランプリに輝き、賞金100万円を獲得していることから、城島は"問診"としてお金の使い道について尋ねた。

野村は伏し目がちに「親に預けていたんですけど」「お父さんが急にお店を始めていて、僕はその100万円に一銭も触れずに、そのお店も潰れ、100万円はどこにいったのかなっていう...」と説明。賞金は親に勝手に使われた可能性が高いことを暴露した。

城島は、野村の悲しい現実に「いろいろありましたね...」とため息交じりにコメント。また、野村の告白をスタジオのモニターで観ていたTOKIOのメンバーたちも「すごい話だね、今の」と驚いた表情をしていた。

賞金の行方について知った視聴者たちは、ネット上に「お父さん www」「闇深いwww」「なかなかヘビーwww」「ちょっと哀しい...」「店潰れたってwww辛いよw」「結構ヘビーな話だったなw」などとコメント。多くの人たちが賞金に一銭も触れられなかった野村に同情していた。



■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(水曜23時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/
野村周平 公式プロフィール
artist.amuse.co.jp/artist/nomura_shuhei/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞
続きを読む