危機一髪クンかよ!高速道路で路肩に降りた男にトラックが数ミリ差まで迫る!【動画】



高速道路で撮影したヒヤリとする瞬間!ドライブレコーダーには、間一髪で死の危険を回避したトラックドライバーの「マジで死ぬかと思った」という背筋も凍る場面が捉えられていた。

https://youtu.be/amh1Q-abg0I


トラックが故障したため、路肩に車両を止めて確認しようとした男性。車を降りて脇を歩いていると、前方からトラックが猛スピードで通過していった。少しのけぞったのが幸いし、ほんの数ミリ単位でギリギリ横をかすめ、何か持っていたものを下に落としている。スローで見ても、2台のトラックの間は人ひとりいるのがやっとのスペース、「もし接触していたら」と考えるとゾッとする映像だ。

このショッキングな映像は、トラック運転手の所属している運送会社の内部からネット上で匿名のリークがあったことから広まったようだが、「理由はどうであれ、高速道路の路肩で道路に降りるという行為自体が危険」との指摘もあり、「もし高速道路で車にトラブルが発生したら、なるべく電話で救助を呼ぶなど車内で対処すべき」というコメントも寄せられている。今回の海外のトラックのケースは極端な例ではあるが、車を運転する人に共通するリスクであることをこの映像は伝えている。

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む