じゅんいちダビットソン、音声のみのテレビ出演に「気の毒すぎるwww」と同情の声続出


2月21日深夜に放送された『旅ずきんちゃん』(CBS・TBS系列)で、お笑い芸人のじゅんいちダビットソンが「音声のみ」登場。あまりにぞんざいすぎる扱いが視聴者の間で話題となっている。


番組では、〈タクシー10万円の旅〉第三弾の後編として、タレントの菊池亜美、バイきんぐの小峠英二、篠原信一、りゅうちぇるの4人が、大阪から西を目指してタクシーでの一般道旅行を行った。その車中、あまりに退屈すぎる空気を紛らわすべく、篠原がプライベートを装ってじゅんいちダビットソンに電話することに。突然電話をかけられたじゅんいちダビットソンは、篠原に言われるがままにこの日の昼食について説明したものの、すぐさま切られてしまう。続いて、小峠も同様の電話をじゅんいちダビットソンに掛け、昼食の話をしただけで切られるという同じような展開となった。

これを観たネット上の視聴者からは「これはあまりにひどいなw」「じゅんいちもまったく意味わからなかっただろwww」「まさかの音声のみ出演www」「これってノーギャラだろ?気の毒すぎるw」「野菜の煮物と唐揚げが旨かったということだけは伝わったwww」といった声が相次いだ。

じゅんいちダビットソンと言えば、以前も日本テレビ系の『ナカイの窓』に出演した際に、そのあまりに短すぎる出演時間が話題となったが、今回はそれ以上に短く、また音声のみの出演という、なんとも不思議な登場の仕方であっただけに、逆に多くの視聴者にとってはなんとも印象深いものとなったようだ。

https://youtu.be/8Niomd9sn8Q


■参照リンク
『旅ずきんちゃん』公式サイト(日曜よる11時30分からTBS系列にて放送)
hicbc.com/tv/tabizukinchan/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む