「絶対に読んではいけない漫画」を禁断の映画化!『シマウマ』追加キャストに高橋メアリージュン、福士誠治らが決定


2010年よりヤングキングにて大人気連載中で、現代社会に潜む闇を炙り出す、"絶対に読んではいけない漫画"「シマウマ」が映画化される。主人公・ドラを演じるのは若手人気俳優の竜星涼。そのほか、須賀健太、日南響子の出演が発表されていたが、この度、追加キャスト情報が解禁された。




出演が発表されたのは、高橋メアリージュン、天乃舞衣子、福士誠治、脇知弘、松田賢二だ。

美人局でドラたちと一緒に金稼ぎをしていたドラの恋人・彩には、雑誌「CanCam」専属モデルを経て、現在は『闇金ウシジマくん Part2』『みんな!エスパーだよ! 』など数々の話題作に出演し、女優としても活躍中の高橋メアリージュン。 「周りの復讐劇が恐ろしすぎて悪い事はしちゃいけないなと改めて思いましたね(笑)」と語る高橋は、回収屋にボコボコにされるシーンなど、今までにない激しいアクションシーンに挑戦し女優魂を披露している。

「ぜひ映画を観て、堕ちて頂ければ(笑)」と語る天乃舞衣子が扮するのは、病気の子供を抱え、夫とすれ違う孤独な主婦・網川早苗だ。『モンスター』『花と蛇 ZERO』で実力を高く評価されている天乃が演じる、回収屋がしかけた事件をきっかけに清楚な主婦が豹変するシーンは見応え十分。そして早苗の夫で元刑事の網川晃児には、数々のドラマ、映画で活躍中の福士誠治だ。子供の病気から、幸せな生活が一変してしまう網川家。麻薬取締担当の優秀な刑事が悪の道へと転落してしまう様を熱演している。

そして主人公・ドラの情報屋・吉田には、TVドラマ「池袋ウエストゲートパーク」「ごくせん」をはじめ、映画でも大活躍中の脇知弘。主婦の早苗に恋心を抱き、ストーカーのように見つめる吉田の暴走が想像を超えた悲劇を生む事になる、というキーパーソンだ。芸歴16年目の脇は「今までやって来たキャラクターが全部崩壊するんじゃないかと思われるくらい強烈な役をやらせて頂きました。脇知弘の新境地を是非観て欲しいです!原作の吉田にも負けてません!」と本作への熱意を語る。また主人公のドラの恋人・彩と何らかの関係がある謎の男・北島には、『仮面ライダー響鬼』をはじめミニシアター上映の映画やVシネマに数多く出演している松田賢二。本作が「問題作となるのを期待しています」と語る松田は、ドラと対立する悪の存在として凄みのある演技を見せている。

主人公・ドラ/倉神竜夫役は、今最も注目を集める若手俳優・竜星涼。他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる"回収屋"の世界へ足を踏み入れるダークヒーローを熱演する。また回収屋の一員で"ジョーカー"のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカ役に須賀健太。そして同じく回収屋の紅一点で敵か味方か分からない"ミステリアス"な女・キイヌ役に日南響子。さらに回収屋を取り仕切る謎に包まれた"ボス"の男・シマウマ役に、加藤雅也が既に決定している。

美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫は、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、"回収屋"の"ドラ"として、禁断の世界へ足を踏み入れることになるが......。

©2015 東映ビデオ
©小幡文生/少年画報社

映画『シマウマ』は5月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他、全国ロードショー



■参照リンク
『シマウマ』公式サイト
shimauma-movie.com

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む