「最近の卒業ソング事情」に学生時代を懐かしむ声が続出!「涙腺ヤバい」


2月23日に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)で、70年代の名曲から最新ヒット曲まで時代を彩った涙の卒業ソングが紹介され、ネット上には学生時代を懐かしむ声が相次いだ。


この日は、卒業ソングマニアだという元タワーレコード社員で音楽プロデューサーの冨田明宏氏が登場した。卒業ソングの魅力について「カタルシス(浄化)である」「良い思い出も悪い思い出も、卒業式という節目で合唱や卒業ソングを聴くことで浄化され良い思い出になる」と熱弁すると、マツコ・デラックスは「泣いて済ませてるわよね、みんな」と少し納得。しかし「私はそれができない。何でお前と一緒に泣かなきゃいけないんだって...そっちいっちゃうのよ」と話し、スタジオの笑いを誘った。

卒業式でどんな歌を歌ったか10代〜50代の250人に聞いたアンケート結果によると、昭和生まれ(30代〜50代)は、1位「仰げば尊し」、2位「蛍の光」、3位「贈る言葉/海援隊」、4位「大地讃頌」、5位「巣立ちの歌」、平成生まれ(10代〜20代)は、1位「旅立ちの日に」、2位「旅立ちの日に.../川嶋あい」、3位「さくら(独唱)/森山直太朗」、4位「道/EXILE」、5位「手紙〜拝啓 十五の君へ〜/アンジェラ・アキ」だった。

マツコは「大地讃頌!懐かしい!!」と絶叫し、「卒業式では歌わなかったけど、すごい好きだった」と学生時代を回想。しかし、EXILEの曲が平成世代では歌われていることに「えぇ?変わったねー」と驚き、さらに嵐やGreeeenなどJ-POPも卒業ソングの常連であることを知ると「ちょっとビックリした!」と時代の移り変わりを実感した。

最近の卒業式事情について、番組冒頭は「全く興味ない」と言い放っていたマツコだったが、番組後半は卒業ソングメドレーに聞き入り、「春なのに」を歌った柏原芳恵がスペシャルゲストで登場すると大興奮していた。

これを観た視聴者は、学生時代を思い出し懐かしむ声が相次いだ。ネット上には「中学思い出す~~」「学生の頃部活でよく歌ったな~」「絶対数人泣くんだわー」「たまに聞くといいね」「涙腺やばい」「大地讃頌なんか久しぶりにちゃんと聴いたけどやっぱいい歌だ」「今の世代とのギャップに愕然...」などのコメントが集まっていた。

今晩9時からはマツコの知らない世界!「マツコの知らないロボット掃除機の世界」新生活に向け、家電が売れるこの時期。中でも注目家電として、話題なのが・・・ロボット掃除機!!家電大好き!家電ライター・藤山哲人さんが、厳選!ロボット掃除...

Posted by TBSテレビ マツコの知らない世界 on 2016年2月22日


https://youtu.be/ee_iqK58Re8




■参照リンク
『マツコの知らない世界』公式サイト(火曜よる9時からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/matsuko-sekai

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む