死者が生き返る!『二郎は鮨の夢を見る』デヴィッド・ゲルブ監督最新作は、衝撃の絶叫ホラー!!映画『ラザロ・エフェクト』6月公開


日本の寿司職人を追い、全世界で絶賛されたドキュメンタリー映画『二郎は鮨の夢を見る』のデヴィッド・ゲルブ監督、待望の最新作はなんと絶叫ホラーとなるようだ。


『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』『パージ』や、昨年大ヒットした『セッション』など次々とヒット映画を生み出しているブラムハウス・プロダクションズとタッグを組んだゲルブ監督最新作『ラザロ・エフェクト』は、全米初登場5位、全世界28カ国初登場トップ10入りし世界中で大ヒットを記録。

寿司の次に監督が選んだテーマは、実際に古くから世界中で報告されている死者の復活「ラザロ徴候」。「ラザロ徴候」=「死者の蘇り」は紀元前から記述があり、今もなお世界中で報告されている。本作が今までのホラー映画と一線を画すのは、「死者の復活」という禁断の領域に挑んだ科学者たちが味わう恐怖と共に、生き返った人間が体験する恐怖を描いているという点である。はたして、死んだ人間をその人の許可なく蘇らせることは良いことなのか?生き返った人間が地獄を見続けているとしたら? 誰もが願う不死に疑問を投げかけ、科学の発達により現実でも起こり得るリアルなテーマとホラーを絶妙にアレンジした戦慄のRe:ホラーとなっている。主演は、マーク・デュプラス、オリヴィア・ワイルド。

ちなみに今回公開されたポスターは、日本独自のポスタービジュアル。世界中で初登場トップ10入りを果たしているが、ポスターはどの国もアメリカ公開時と同じく、地獄の業火から蘇ったような真っ赤なポスター。対して、日本のオリジナルポスターは死から蘇った人間が静かに目を開いたところを表現しており、「どうしてわたしをイキカエラセタノ」というコピーからも、これから何か起こりそうな不穏な雰囲気を漂わせている。


医療の発展に繋がると信じた研究者チームが成功させた「死者の蘇生」だったが、彼らは生き返った人間が死の間に何を見て何を体験したのか想像もしていなかった。そして、その地獄から生き返らせられた人間の、死ぬよりも恐ろしい"死のその先の恐怖"と力を目の当りにする―。



『ラザロ・エフェクト』は6月11日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

© 2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む