新旧最強アイドル・橋本環奈&薬師丸ひろ子が「カ・イ・カ・ン」!『セーラー服と機関銃 -卒業-』オマージュ予告



1981年に一大ブームを巻き起こし、邦画興収第1位(47億円)を記録した、角川映画の代表作『セーラー服と機関銃』(主演・薬師丸ひろ子)。そんな伝説的シリーズの最新作『セーラー服と機関銃 –卒業-』が、3月5日(土)より公開となる。トップスター女優の登竜門とも言える本作の主人公、星泉(ほしいずみ)を演じるのは「1000年に一人の逸材」「天使すぎるアイドル」としてネット上で話題沸騰、本作で映画初主演を果たした橋本環奈だ。この度、本作の公開を記念して、映画『セーラー服と機関銃』(1981年)と時代を超えたコラボが実現!当時の映像と薬師丸ひろ子が唄う同名主題歌を使用した秀逸すぎるオマージュ予告が完成した。



1981年に公開され角川映画代表作として未だに語り継がれる映画『セーラー服と機関銃』。当時女子高生であった薬師丸ひろ子が、主人公星泉を体当たりで演じ、さらに同名主題歌を歌い一大ブームを巻き起こした。新予告編は、そんな伝説的な前作へのオマージュが込められている。

オマージュ予告には、薬師丸ひろ子が歌う『セーラー服と機関銃』がBGMとして使用され、旧作と本作が見比べられるよう映像が並び、テロップ表示の仕方や、台詞が奇跡的にシンクロし合う秀逸すぎる予告編となっている。

前作にも登場するクラスメイト3人組と歩く姿や、目高組組員とのやり取りなど、作品設定が変わっていないとわかるシーンや、前作では星泉が公衆電話から電話かけているのに、本作ではスマホで電話する場面など、時代の違いにも気づける部分もあり老若男女が楽しめる映像だ。

さらに予告編の最後には、代表的なセリフ「カ・イ・カ・ン」と言う、時空を超えた"星泉"の共演も実現し、月日が経っても『セーラー服と機関銃』という作品が、大事に継承されている事が分かる瞬間だ。


18歳、高校三年生の星泉(ほし・いずみ)には、組員わずか4名の弱小ヤクザ・目高組の組長という驚きの過去があった。伯父を殺した敵を機関銃で襲撃する大事件を起こしたあと、組は解散。いまは、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」を経営し、「組長」あらため「店長」として活躍する日々。卒業を間近に、普通の女子高生としての日常を取り戻していた。そんなある日、ニセモデル詐欺に巻き込まれた友達の相談から、泉の周辺には、ふたたび危ない影が忍び寄ってきて......。



『セーラー服と機関銃 角川映画 THE BEST』
好評発売中! DVD¥1,800+税 発売・販売: KADOKAWA
(c) KADOKAWA 1981

映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』は2016年3月5日(土)全国ロードショー

(C)2016「セーラー服と機関銃-卒業-」製作委員会

■参照リンク
映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』公式サイト
sk-movie.jp

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む