中村里砂主演、カルト漫画の実写化『少女椿』 サーカス団員たちが不気味すぎる異色のキャラ写真が解禁!


世界的に知られる丸尾末広のカルト漫画「少女椿」が、モデル・タレントとして活躍する中村里砂主演で映画化され、5月21日にシネマート新宿ほか劇場公開する。この度、本作の場面写真が公開され、配役が明らかになった。


1984年に原作が発刊されて以来、アニメ化や舞台化はされているが、実写映画化は30年もの間、何度も試みがあったもののその世界観を描くむずかしさゆえに企画が立ち消えになっていた「少女椿」。


今回、実写化映画の公開決定がニュースとして流れるや、ネットは大盛り上がり。ニュースが取り上げられた日のツイッター上の話題度1位となった。誰がどんな役を演じているのか世間の注目が注がれていた。


先に発表となった主人公でヒロインのみどりを演じる中村里砂のほか、ワンダー正光には、若手演技派俳優として評価の高い風間俊介、カナブンにはアーティスト・武瑠(SuG)、紅悦にはグラビアでも話題となった女優・森野美咲、鞭棄には若手俳優の注目株・佐伯大地、赤座には個性派俳優として注目を浴びる深水元基、そしてサーカス団団長の嵐鯉治郎には作家としても活躍する中谷彰宏といった面々が配役されている。また、みどりの母親に鳥居みゆき、町の実力者に鳥肌実といった非常に個性的な面々も顔を揃えた。


ある時代の東京。父親は家出、母親は病死し、一人ぼっちになった14歳の少女・みどりは、赤猫サーカス団の団長である嵐鯉治郎に拾われる。地方巡業に回るサーカス団には個性的で怪しげな連中が顔を揃えていた。みどりは、団員達に苛めにあいながらも下働きとしての毎日を健気に過ごす。そんなある日、サーカス団にワンダー正光という超能力を持った男が加入する。やがて正光はみどりを愛するようになり...。


映画『少女椿』はシネマート新宿ほか5月21日(土)より全国順次ロードショー

©2016『少女椿』フィルム・パートナーズ

■参照リンク
映画『少女椿』公式サイト
vap.co.jp/s_tsubaki/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む