陸上選手を遥かに凌ぐ加速度!アメフト選手のトライアウトの俊足ぶりがすごすぎる【動画】



ドラフト候補の選手が一堂に介して身体能力をテストなどでアピールするNFLの「スカウティング・コンバイン」。その中で自身のスピードを競う40ヤード・ダッシュで好タイムを出したジョージア大学のキース・マーシャルという選手が話題となっている。

https://streamable.com/6rop?t=2.7

40ヤード(36.5メートル)を4秒31というタイムを叩きだしたマーシャルは、今年のドラフト候補の中ではダントツのトップ。100メートル換算すると11.8秒と考えると、陸上ではまずまずのタイム。しかし、鍛え方がかなり違うアメリカンフットボールの世界では、瞬発力が命。タイムの速さはさることながら、10ヤード単位で一気にトップスピードに達する能力が重要なのだ。陸上のエキスパート、例えば100メートル走るランナーが初速の36メートルだけで争うとアメフトの選手には到底かなわないのである。

今回マーシャルが叩きだした4秒31という記録は、過去のスカウティングで歴代11位のタイム、ここ10年の40ヤードダッシュでは3位ということで、かなり高い注目を浴びている。史上最速は2008年のクリス・ジョンソン(アリゾナ・カージナルス)の4.24秒だ。


■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む