松本人志に届いた島田紳助からのメールの内容がある意味コワすぎると話題に 「目がさめて、朝起きてメールが入ってて・・・」


3月11日に放送された『ダウンタウンなうSP(フジテレビ系)』に丸山議員が出演、ダウタウンの2人と島田紳助のエピソードについて語り話題となっている。


日本テレビ系列の『行列のできる法律相談所』で共演していた島田紳助と丸山議員(当時は丸山弁護士)。丸山は、紳助がダウンタウンの2人がデビューしたのを観て「『俺の時代はもう過ぎたな』と言っていた」と語った。

紳助は「紳助竜介」が解散した際も、その理由を「ダウンタウンの漫才を見て辞めた」と発言していたのだが、当時のダウンタウンはまだ養成所時代で全く無名の時期。解散を報じた新聞にも「ダウンタウンの影響で」と書いてあったが、当時それを読んだ人たちには全く意味が分からないほど、売れてなかった頃である。

すると松本が「ほんの1週間くらい前ね、メールが来てね」と告白。その気になる内容は、「ずっと見てるで」というものだったという。松本は「目がさめて。朝起きて。メールが入ってて。『ずっと見てるで』・・・」と語ると、坂上忍が思わず「こえー!」とのけぞるシーンも。松本はそのメールを見た瞬間思わず「ビッキーン!」(背筋を伸ばす仕草)となったようで、正確には「頑張ってな、ずっと見てるな」というシンプルなものだったようだが、松本は「これはどういう意味やろうか・・・」と考えたのだとか。

そんなダウンタウンの2人に「紳助さんは2人にとってどういう存在なのか?」と坂上が質問すると、松本は「俺はあの人がいないといないから。高校生の時に漫才ブームに出会って、紳助・竜介さんの漫才をテレビからカセットテープに録音して勉強した」と当時を振り返り、浜田も「何回も聞いた」と告白。2人にとって大きな存在であったことを裏付けるエピソードだった。





■参照リンク
フジテレビ 公式twitter
https://twitter.com/fujitv
『ダウンタウンなう』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/DOWNTOWN_NOW/
続きを読む