NHK朝ドラ『まれ』で土屋太鳳の恋のライバル役を好演 ハーフ甘顔美少女・中村ゆりかの魅力とは?



土屋太鳳主演のNHK朝ドラ「まれ」に出演した女優・中村ゆりかが登場するCMが公開された。

https://youtu.be/3jzAJecr6kQ


これは、JR東日本アプリのCM「ポスターの人」篇だ。駅で電車を待ち焦るスーツ姿の若者に、中村が「電車こないね、心配だね」と話しかけ、運行状況を確認できるアプリを紹介するが、運行状況を確認した若者が安堵の表情を見せ背を向けて歩き出すと「頑張れ」の声援を残して消えてしまう。彼女は、アプリの広告に写るモデルだったのだ。緑のワンピースで男性の至近距離をくるくる動き回る彼女の白い肌とくっきりとした目鼻立ちが特徴的な顔がアップになれば、思わずドキッとしてしまう。高くてよく通る甘い声も耳に残り、一度見たら印象に強く残る美少女っぷりは、「広告の美女が飛び出てくる」というファンタジー寄りの設定にもぴったりだ。

中村は、母が台湾人、父が日本人のハーフで現在19歳の若手女優だ。そんな彼女が「まれ」で演じたのは、主人公の修行するフランス菓子店の娘・美南である。大学に通いながら店の手伝いをする美南は、能登の田舎から出てきたまれとは対照的なおしゃまな都会っ子。成人男性を吹き飛ばせるほどの太極拳の使い手という少し現実離れした設定や、血の繋がらない兄・大輔(演・柳楽優弥)に恋をしているという少女漫画に出てきそうなどこか夢見がちなキャラクターは、中村の人形のような容姿とうまくマッチしていた。

中村は、「まれ」後も「いつかティファニーで朝食を」(日本テレビ系列)、「お義父さんと呼ばせて」(フジテレビ系列)など連続ドラマに出演している。「お義父さん〜」では渡部篤郎演じる一流商社の役員に思いを寄せるという役柄だ。設定上では29歳上のオジ様をうっとりとした表情で見つめる姿は、コミカルな"不思議ちゃん"という印象で「まれ」の美南役に似たものがありこちらもなかなかのハマり役だ。

「お義父さん〜」後も、4月放送開始「奇跡の人」(NHK BSプレミアム)、6月放送開始「グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」(WOWOW)と、連続ドラマへの出演が決定している中村。朝ドラは、2013年放送の「あまちゃん」に出演した有村架純のブレイクを始め、脇役をつとめた若手女優たちが放送終了後に活躍するパターンも珍しくない。「まれ」に関しても、主演の土屋はもちろんだが、親友役の清水富美加、門脇麦らもテレビや映画にひっきりなしに出演している。上記のような"恋に恋する不思議ちゃん"的役柄のポジショニングに成功しつつある中村。まだ主役級の抜擢はないが、コンスタントに露出を続ける彼女の今後のブレイクに期待したい。

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む