TOKIO・長瀬智也の「人たらしの才能」についての心理学評論家による解説が興味深いと話題に


3月16日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)に、TOKIO・長瀬智也が登場し、番組中で明かされた彼の性格に対する考察に注目が集まった。


この日、番組には、ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ)に出演中の長瀬智也、武井咲、野村周平、小雪が登場。「仕事場などで観察すると人間性がわかりやすい」という理由から、〈密着人間性診断〉と銘打ち、心理学評論家の植木理恵氏が同ドラマの撮影現場に密着し、その様子をつぶさに観察した。その結果植木氏は長瀬について「自分が調子に乗るよりは人を調子に乗らせることに天賦の才がある」と指摘。それは、彼が①リアクションが大きい②人に対してツッコミで反応する③それでいて10回に2回くらい全然リアクションをしないことがあるという特徴があるからとのことであった。

特に③については「いつも機嫌良くしているとそれだけの人なんだけどもたまにムッとする、(ノーリアクションのときが)10回に1回2回ある人というのはすごく人たらしなんですよ。(そうすることで相手が)この人になんとか気に入られようとする」とメカニズムを解説した。なお、こうした植木の指摘に対して長瀬本人は「(人たらしと言われて)字面がよくないですよね、人たらしって」と思わず苦笑、番組MCの明石家さんまからは「だから城島があんだけはじけてしもうたんや?」との声も。

なお、こうした特徴について、ネット上の視聴者からは「たしかにノせるのうまそうよな」「一般人との絡みとか見てるとわかるw」「たしかに教師役とか似合うかもwww」「これはいい考察」「イジり方みとると野村周平とか弟分みたいな感じなんやろね」「実はなにげに気遣い派なのかもな」「こういう人たらしたまにいるよなwww」「興味深い」「ジャニーズは縦社会だから身についたのかもね」という声が寄せられた。なお、植木氏によると、「学校の先生とかカリスマ教師とかにはすごく向いているタイプ」(植木氏)だという長瀬。今回、『フラジャイル』ではスーツ姿の病理医として活躍した彼だが、次作では教師役を演じる姿も見てみたいところだ。



■参照リンク
『ホンマでっか!?TV』公式サイト(水曜21時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/honma-dekka/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む