岡村隆史、ショーンK(ショーン・マクアードル川上)という芸名センスに脱帽 「この芸名を考えた人を褒めてあげて欲しい」


3月17日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』で、岡村が、ショーンK(ショーン・マクアードル川上)の経歴詐称報道について語り、話題となっている。


岡村は、今回の報道について「ちょっと、やっぱり数が多過ぎましたね、嘘が多すぎたな」と冒頭でコメント。学歴だけでなく名前も芸名だったという事実に衝撃を受けたようだが、「でもね、そうは言いながら、この人頭は良かったんでしょうね」と語った。

岡村が特に気になったのはその「芸名」だったようで、「この芸名も凄いよ、考えた人。ショーン・マクアドールなんて、なかなか思いつかへんのよ。これはね~、この芸名を考えた人を褒めてあげて欲しい」と一言。その芸名を自分なりに分析した岡村は、「これはなかなか付けられへんよ。ショーンはもう多分、ショーン・コネリーから来てんねん。ショーン・K。ショーン・コネリーの『ショーン』やねん」と想像、あるいは「本名が川上伸一郎の伸。伸が『ショーン』。チャーリー・シーンの『シーン』でエエんやないか?って思う人もおるかもしれんけど、『シーン』やったら、『あっ、これホラッチョ川上ちゃうんか?』って」と、同級生が気づく可能性があることから、「シーンではあかん。もうショーンや」と推測した。

さらに岡村を驚かせたのはラストネームだ。「マクアドールなんて、なかなか思いつかへんのよ。これはこれで『マドマゼール』みたいな」「フランスなのか。でも、これもっと言うと、『マクラーレン』のコンサルティングで、『マクアドール="マクラーレン"』っていうのも入ってんのよ。でも、『マクドナルド』も入ってんねん」と分析しまくる岡村。

「凄いもう、あっちこっち世界を股にかける!みたいな感じの。凄いネーミングの良さ。凄いのよ、ショーン・K、ショーン・Kって言うけど、ショーン・マクアドールなんですよ。これは、この芸名を付けた人、これ褒めてあげた方が良いと思う」とネーミングの凄さを絶賛。ネット上でも「マクドナルドwww」「確かにこの名前はなんかすごい説得力がある」「品を感じさせるネーミング」などの声が挙がっている。

■参照リンク
『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』公式サイト
http://www.allnightnippon.com/program/okamura/top.html


■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む