ジュリア・ロバーツ史上最も過酷な役にノーメークで挑む!ニコール・キッドマンと共演『シークレット・アイズ』特報



オスカー2大女優 ジュリア・ロバーツとニコール・キッドマン、さらに、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞®主演男優賞にノミネートされたキウェテル・イジョフォー出演の極上のサスペンス『シークレット・アイズ』が6月公開される。この度、本作の特報映像が解禁された。

https://youtu.be/hVcwgal0CFg


監督・脚本は、『キャプテン・フィリップス』の脚本でアカデミー賞脚本賞にノミネートされ、巧妙な脚本で名高いビリー・レイ。2010年に第82回アカデミー賞®外国語映画賞を受賞した『瞳の奥の秘密』をベースとしながらも、当時大絶賛された驚愕のラストシーンを本作では更にひねり、世界が2度息をのむ本格派にして新時代のサスペンスが完成した。


解禁された特報映像には、衝撃的な事件に立ち向かう、FBI捜査官(キウェテル・イジョフォー)、検察局捜査官(ジュリア・ロバーツ)、検事補(ニコール・キッドマン)の表情が印象的に切り取られている。愛と憎しみ、使命感と罪悪感の間で揺れる3人。ジュリア・ロバーツは自身の役の中でも最も過酷な女性と言える役柄にノーメークで挑んだ。法に仕えるはずの3人が、それぞれ何を隠しているのか、想像が膨らむ特報になっている。一筋縄ではいかないサスペンスの一端を是非ご堪能あれ。


2002年、ロサンゼルス。殺人事件の現場に駆け付けたFBI捜査官のレイ(キウェテル・イジョフォー)は、被害者を見て絶句する。その被害者は、テロ対策合同捜査班でのパートナーで、親友でもある検察局捜査官のジェス(ジュリア・ロバーツ)の最愛の娘だったのだ。レイはエリート検事補のクレア(ニコール・キッドマン)と共に捜査に乗り出し、一度は容疑者を特定するものの、FBI組織内の事情により、真相は闇に葬り去られてしまった。あれから13年、驚愕の事実が紐解かれてゆく。


映画『シークレット・アイズ』は2016年6月TOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

(C)2015 STX Productions,LLC.All rights reserved.

■参照リンク
映画『シークレット・アイズ』公式サイト
www.secret-eyes.jp

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む