『赤い霊柩車』片平なぎさ&神田正輝の変わらぬ名コンビぶりが話題に 「殺人モノなのに和むwww」


フジテレビ系『金曜プレミアム』で、大人気ご長寿ドラマシリーズ『山村美紗サスペンス 赤い霊柩車36 惻隠の誤算』が放送された3月25日、視聴者の間では、ヒロイン・明子を演じる女優・片平なぎさと、そのフィアンセ・春彦を演じる俳優・神田正輝の"名コンビ"健在ぶりが話題となった。


1992年から放送されているロングシリーズだが、通算36作目となる今回は、京都の名門華道家の家元の座を巡って発生したと思しき不審な死を巡るミステリーとなった。今回も事件の謎を解くべく奔走するヒロイン・明子(片平なぎさ)と、日頃はおっとりとした性格で彼女を支えつつも、ポイントとなるところでは彼女に思わぬ名アシストをする春彦(神田正輝)の絶妙な名コンビぶりはやはり健在。そのため、この日の放送を観た視聴者からは「いやー、安定のおもしろさやな」「つかこんなに安心して楽しめる2時間ドラマって他にないやろ」「それにしてもすんげえ長い婚約期間やなw」「おっとり系の神田正輝が見れるレアなドラマやね」「殺人事件モノなのになぜか和むよなwww」「未だに再放送とかやっとると毎回録画してまうわ」「いつまでも続いてほしいよなあ」といった、名コンビの健在ぶりを称賛する声が巻き起こった。

こうした明子&春彦の名コンビのほかにも、彼らと共闘する名刑事・狩矢警部(若林豪)や、明子が社長を努める葬儀社の名物コンビ・秋山(大村崑)&良恵(山村紅葉)など、同作のファンにはすっかりお馴染みのベテラン俳優陣が大活躍した今回の放送。放送開始から24年目を迎えた今、根強いファンを多数擁する良作だけに、今後もその続編に期待したいところだ。




■参照リンク
『山村美紗サスペンス赤い霊柩車』(フジテレビ)
www.fujitv.co.jp/b_hp/yamamuramisa/
フジテレビ 公式Twitter
https://twitter.com/fujitv

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む