伊集院光&東国原英夫の「出演部分カット」エピソードがあまりに無慈悲すぎるwww「俺だけズブ濡れ」「顔にモザイク」


3月28日に放送された『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日)に出演した伊集院光と東国原英夫が語った"出演部分カット"エピソードが視聴者の間で話題となっている。


〈2016年1月~3月怒涛のお騒がせニュース総括SP!〉と銘打たれたこの日、番組では年明けから現在に至るまでの間で起きた"お騒がせニュース"を総ざらいした。『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)における俳優・石坂浩二のコメントカット騒動に話が及ぶと、伊集院は「若手の頃なんか、もうしょっちゅうで。僕、中国のロケでなんか鯉の料理を食べにいくんだけど『途中で池に落ちてくれ』って言われて...で、池に...鯉が食べたすぎて池に落ちる俺っていう画があって。そこ丸カットだから...俺だけズブ濡れっていう」と、過去に体験した悲惨すぎる編集についてコメント。また、これを受けて東国原は、以前、不祥事を起こした際に、出演していたゴルフ番組で、優勝したにもかかわらず、大幅に編集の手が加えられていたことについて言及。「いいですか?ゴルフ番組で顔にモザイクがかかってるんですよ?誰が優勝したんだ?みたいになっちゃいますよね」と告白した。

そのためこの放送を観たネット上の視聴者からは「東wwww」「不祥事は仕方ないとしてもただの編集でカットとかひどいよな」「伊集院気の毒すぎるわwww」「たしかにおかしな編集になっとるときあるわ」「徹子の部屋とか笑点みたいなのも編集しとるんかな」「全部生放送にすればええねんw」といった声が相次いだ。

たしかに、タレントにとっては、自らの出演シーンに大きな手が加えられることは不満だとは思うが、不祥事などの場合は、編集作業を行うスタッフもまた、実に頭の痛いところ。願わくば、そうした事態が起きないよう、出演者側にもさらなる配慮が求められそうだ。

■参照リンク
『ビートたけしのTVタックル』公式サイト(月曜よる11時15分からテレビ朝日系列にて放送)
www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む