映画監督・周防正行、妻の草刈民代が好きすぎて妻からも「病気レベル」と言われるwww


3月28日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)に女優・草刈民代と映画監督・周防正行の夫妻が出演。結婚20年を迎える私生活を公開し、ネット上で「ステキすぎる」と話題を集めている。


番組の〈売れっ子は本当に本当に幸せなのかSP〉で、密着取材を受けた周防・草刈夫妻。ふたりは映画『Shall we ダンス?』で出会い、1996年に結婚した。

周防監督は妻への愛が強く、手料理を食べるときも、外出するときもパシャパシャと何でも写真撮影をするのだという。1年間に撮影した思い出の写真は2万枚以上。また、広い自宅リビングにはアメリカの画家、ロバート・ハインデル作の作品を飾っており、中でも周防監督が個展で見つけた『結婚当初の草刈民代』という作品は数百万円出して購入したものだった。

そんな周防監督には変わった趣味があるという。それは、日々の行動を細かく記録すること。パソコンのスケジュール管理表には、テレビ欄のように予定がビッシリ記入されており、中には妻が能を観に行ったことや朝起きた時間、着替え、食べたメニューなどが記されていた。

監督はこれを20年続けているそうで、「スケジュール表がどんどん日記になる。草刈の行動を時々...」と説明した。しかし、草刈は「病気だと思います」と少し呆れ気味だった。

これを観た視聴者は、ネット上に「すごく仲良さそうで素敵なご夫婦だった」「周防監督夫婦は憧れ」「理想的!」「周防監督の草刈さんすきすき具合いいな〜ほほえましい」「奥さんのストーカーですか?www」などのコメントを寄せていた。



■参照リンク
『人生が変わる1分間の深イイ話』公式サイト(月曜よる9時から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/fukaii/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む