『あさロス』に怯えるあなたに朗報! 4月スタートの新ドラに『あさが来た』ファミリーが続々出演するって知ってました!?


最終週を迎え、物語もいよいよ終盤に入っている朝ドラ『あさが来た』。主人公の波瑠はもとより、多くの名脇役たちが存在感を発揮し、たびたびネットで話題になってきたことからもいかに人気のドラマなのかがわかる。そんな愛されるキャラクター勢の中でもダントツで人気だったのがディーン・フジオカ演じる五代友厚だ。作中、彼が死去した際には女性ファンたちをおおいに悲しませた。しかし、五代死去後にスタートしたドラマ『ダメな私に恋してください』(TBS)におけるディーン・フジオカの"ドS上司"役の好演が「五代ロス」で落ち込むファンたちを癒したのも事実である。


今回は「あさロスが一番こわい」「4月から何を楽しみにすればいいの」と嘆くファンのために、『あさが来た』ファミリーが出演する新ドラマをご紹介しよう。

・あさ(波瑠)&亀助(三宅弘城):『世界一難しい恋』(日本テレビ・水曜22時)
嵐・大野智主演のラブコメ『世界一難しい恋』で、主人公の初恋相手であるヒロイン、柴山美咲を演じるのが「あさ」こと女優・波瑠である。何事にも動じないマイペースな女性という、あさとはまた違ったキャラクターで、波瑠にとってはラブコメディ初挑戦だ。本作には、加野屋の中番頭・亀助を好演した俳優・三宅弘城も出演。『あさが来た』では「イイお兄ちゃん」的な"和みキャラ"として人気を誇った三宅が今回演じるのはヒロインの所属する部署の部長代理で「得意技は手のひら返し」の叩き上げ社員だという。加野屋を支えるあさ&亀助の名コンビの本作ではどんな絡みを見せるのか?気になる『あさ』ファンも少なくないだろう。

公式サイト:ntv.co.jp/sekamuzu/


・千代(小芝風花)&雁助(山内圭哉):『早子先生、結婚するって本当ですか?』(フジテレビ・木曜22時)
女優・松下奈緒が初のショートカットで挑むドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』に、主人公の同僚教師役で出演するのは、あさの娘・千代役の小芝風花と加野屋の大番頭・雁助を演じた山内圭哉だ。あの幼かった千代と雁助さんが同僚関係になることにも驚きだが、ひそかな人気キャラクターであった雁助のロスを埋められる本作に期待を寄せるファンも多いのではないだろうか。

公式サイト:www.fujitv.co.jp/hayako/


・菊(萬田久子):『不機嫌な果実』(テレビ朝日・金曜23時15分)
あさの姉・はつの姑を演じた萬田久子が出演するのは、林真理子原作の濃密な大人の恋愛ドラマ『不機嫌な果実』だ。稲垣吾郎演じるマザコン夫から冷遇を受けるヒロイン(栗山千明)が愛を求め不倫に走る様を描く作品に、萬田はヒロインの姑役として出演。いい年齢のマザコン息子を甘やかす姑は、同じ姑であっても、菊よりもなんだかタチが悪そうだ。朝ドラでは、まさかの「ネズミの鳴きマネ」までも披露した大御所女優の濃厚演技に注目してみるのも本作の楽しみ方かも?!

公式サイト:www.tv-asahi.co.jp/fukigen/


・成澤泉(瀬戸康史):『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS・金曜22時)
情熱的な教育者"ナル様"こと成澤泉を、ベビーフェイスにヒゲを生やし好演する瀬戸康史。彼が出演するのが中谷美紀の主演ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』だ。瀬戸が演じる橋本諒太郎は、愛嬌良く可愛気ある年下男子。「フェアリー諒太郎」として女性を虜にする役柄は、キュートなルックスが印象的な瀬戸にまさにハマり役といえるだろう。目標のために突っ走るちょっと変人なナル様とはまた違った瀬戸の魅力に注目だ。

公式サイト:www.tbs.co.jp/watashi_kekkon/


・美和(野々すみ花):『重版出来!』(TBS・火曜22時)
新次郎(玉木宏)の三味線の師匠で、レストラン「晴花亭」の女主人を務める美和は、艶やかでしとやか、色香漂う和装美人。そんな美和を演じる野々すみ花は、新人漫画編集者を主人公に据えた熱血仕事漫画原作の『重版出来!』に出演する。野々が演じるのは、主人公らが通う小料理屋の女将・ミサトだ。主人公以外の登場人物はほぼ男性、しかも主人公が「小熊」と形容される色気ゼロの熱血女子という原作同様であれば、着物姿で主人公たちを見守る"綺麗どころ"の役回り。まさに『あさが来た』の美和がつとめるポジションで、こちらも「美和ロス」の男性ファンの心を癒してくれるのではないか。

公式サイト:www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/


・宜(吉岡里帆):『ゆとりですがなにか』(日本テレビ・日曜22時30分)
人気脚本家・宮藤官九郎が手がける、"ゆとり世代"を描いたドラマ『ゆとりですがなにか』に小学校の教育実習生役として出演するのが、千代の友達のメガネっ娘・宜を演じ現在じわじわ人気上昇中の女優・吉岡里帆だ。『あさが来た』では優等生を演じた吉岡だが、コメディエンヌとしての要素も求められるクドカン脚本ドラマではどんな演技を見せてくれるか、期待したい。

公式サイト:ntv.co.jp/yutori/

このように、登場時期や、若手、大御所にかかわらず、『あさが来た』ファミリーは4月からも続々テレビドラマで活躍を見せる。「あさロス」に嘆くファンも朝ドラを懐かしながら、新ドラマを楽しんでみてはいかがだろうか。



■参照リンク
『あさが来た』公式サイト(NHK)
www.nhk.or.jp/asagakita/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む