【朗報】鬼才キム・ギドクの初期代表作『悪い男』『魚と寝る女』『受取人不明』が完全デジタルリマスターで初ブルーレイ化


鬼才キム・ギドク監督の初期の傑作3作品『悪い男』『魚と寝る女』『受取人不明』が、完全デジタルリマスターで初ブルーレイ化、映像特典も豊富に収録し「キム・ギドク Blu-ray BOX初期編」として、6月8日(水)に発売することが決定した。


3作品はいずれも2000年から2001年に制作された作品で、いまだ多くの人に語られ、観る者の心をつかんで離さない衝撃作だ。『悪い男』(01)は、相手を地獄に落とすことで愛を表現する男と地獄に落とされた女の究極の愛を描き、キム・ギドクの名前を世界中に知らしめた初期の傑作。



『魚と寝る女』(00)は、日本で初めて劇場公開されたキム・ギドク作品。釣り客相手に身体を売る娼婦と自殺を望む男の破滅を描いた問題作で、世界に衝撃を与えた官能作品。



ラストは今でも語り草になるほどの衝撃度となる『受取人不明』(01)。韓国人と米国兵士の関係を描いた韓国社会の闇を描いた社会派ドラマで、同時発売の『殺されたミンジュ』に通じるキム・ギドクの社会への怒りと哀切が爆発した作品だ。



その後、海外の映画祭で受賞を重ね、ベルリン映画祭で監督賞受賞『サマリア』(04)、ヴェネチア映画祭で監督賞を受賞『うつせみ』(04)、そしてカンヌ映画祭〈ある視点〉最優秀作品賞を受賞した『アリラン』(11)で世界三大映画祭を制し、『嘆きのピエタ』(12)では、第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。世界三大映画祭での最高賞受賞は、韓国映画史上初という快挙を成し遂げ、今や鬼才、天才映像作家の名で世界的に知られ、新作が最も待望される監督の一人。日本でも多くのファンがいる、世界を代表する映画監督の一人となっている。

【商品情報】


「キム・ギドク Blu-ray BOX初期編」 収録タイトル: ①『悪い男』 ②『魚と寝る女』 ③『受取人不明』
発売日:2016年6月8日(水) ※レンタルの予定はありません
発売・販売元:キングレコード
価格:Blu-rayBOX¥14,400+



続きを読む