マコーレー・カルキンがセレブとしての苦悩を明かし話題に 「俳優業に未練はない」


『ホーム・アローン』で「可愛すぎる子役」として世界中を虜にしたマコーレー・カルキン(35)が、既に俳優業には未練がないことをインタビューで明かした。


現在はニューヨークをベースにバンド活動をしているマコーレーは、あまり人目を引かない生活を心がけているそうだ。

「朝、2時とか4時とかに散歩するんだ。その時間なら外にはほとんど人がいないから気づかれずに気楽なんだよ」。日中など人が多いときは、常に皆に気づかれ、見られているように感じるそうだ。「実際は誰も僕のことなんか気にしてないかもしれない、でも僕は居心地が悪いんだ」。

しかしこれがパリだと状況は違うと語る。「パリにしばらくいた時、誰も僕を気に留めてないことに気づいたんだ。最初は皆、僕が誰か知らないのかと思ったんだけど、そうじゃなかった。皆僕だと知ってて、でも気にしないのさ」。

今後、自分を世界的な有名人にした"俳優業"に戻るつもりはないと語るマコーレー。「今の僕は30代半ばの事実上引退したただの男さ。流されるまま、絵をかいたり、文章を書いたり、好きなことをやっていくよ」。





■参照リンク
http://www.people.com/

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む