映画『あやしい彼女』主題歌を歌うanderlustが有名クリエイターたちを虜にする秘密とは

雑誌<NYLON JAPAN>とソニーミュージック主催のオーディション<JAM>のミュージックパフォーマンス部門でNYLON賞を受賞した越野アンナと、様々なサポート~アレンジを手がけてきた西塚真吾による男女ユニット・anderlustが、小林武史をプロデューサーに迎えたシングル『帰り道』でデビューした。

other

同作の表題曲は多部未華子主演、水田伸生監督の映画『あやしい彼女』の主題歌に起用され、越野はこの映画で銀幕デビューも飾っている。そんな越野の魅力的なキャラクターは、anderlustが大物クリエイターたちの心を惹きつける理由のひとつだろう。

6歳までLAで過ごしたという越野は、アメリカ育ちならではの天真爛漫な性格の持ち主。<JAM>をきっかけに、そのキュートなルックスと英語力を買われ、現在は<スペースシャワーTV>の洋楽番組でVJも務めている。

そんな越野のキャラクターに、時代を超えて支持される楽曲の普遍性が加わることで、anderlustは大物クリエイターたちの心を惹きつけているのだろう。

現在は、枠にとらわれない新しい音楽表現を追求し「映像やアートなどの才能を持つ、3人目のメンバー募集」として、ショートムービーのコンペティションも開催中だ。

other

【参照リンク】
・anderlust ショートムービーコンペティションサイト
http://www.anderlust.jp/competition/
続きを読む