福山雅治が演じた「神対応イケメン」があまりにハマりすぎていると視聴者から称賛の声 「奇跡のアラフィフ」


4月11日に放送された『痛快TV スカッとジャパン2時間SP』(フジテレビ)に俳優の福山雅治が登場。番組のVTR中で神対応すぎるイケメンを好演し、視聴者の間で注目を集めている。


この日、視聴者投稿のイケメン神対応再現VTR【バスで体調不良】【バーの神店員】【迷子を助けた神対応】の3作品に、福山は神対応の紳士として出演。

【バスで体調不良】では、具合が悪い中、年配の女性たちからイヤミったらしい言動を受けていたバスの女性に「いいですよ、そのまま座ってて」「僕の席を譲りますんで、どうかこの方だけは、そのまま座らせてあげてください」と助け舟を出し、「良かったら...」とミネラルウォーターを差し出したり、バーテン役として登場した【バーの神店員】では、1人飲みの際に男性客から嘲笑されている女性客を見かねて「お客様、お代は結構です。僕の仕事はこの店にきて頂く全てのお客様に笑顔になってもらうことです」「でも僕はあなたを笑顔にすることができませんでした」「次は必ず、僕があなたを笑顔にします」と言って微笑んだり、【迷子を助けた神対応】では迷子を見つけてどうすることもできずに立ち往生している女子中学生に「大丈夫ですか?お嬢さん」と声を掛け、その傍らで泣き止む様子のない幼女に「あのトイレの張り紙をみてごらん。『紙以外は流さないでください』って書いてあるでしょ?だからね、もう涙は流さなくていいんだよ」と優しく諭してその窮地を救ったりと、シチュエーションごとに異なるイケメン神対応ぶりを立て続けに披露した。

これを観た視聴者からは「イケメンすぎるwwww」「やっぱかっけえな、おいwww」「男でも惚れてしまうわw」「ハマり役すぎるwww」「最後だけ駄洒落っぽい要素入れるのやめーやwww」「最後のやつ、それ神対応やない、紙対応やw」「まさに奇跡のアラフィフやな」といった声が相次いだ。

福山と言えば、同日から放送を開始した新ドラマ『ラヴソング』では、元プロミュージシャンの企業カウンセラーという、一風変わった役どころだが、同ドラマの中でも、彼がどのようなイケメンっぷりを見せるのか実に気になるところだ。




■参照リンク
『痛快TVスカッとジャパン』公式サイト(月曜夜7時57分からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/sukattojapan/
フジテレビ公式Twitter
https://twitter.com/fujitv

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む