『伊集院光とらじおと』アウト気味な恋愛トークを炸裂するゲスト・松村邦洋に伊集院「朝の番組に呼ぶんじゃなかった」


4月12日に放送されたTBSラジオの番組『伊集院光とラジオと』に、モノマネ芸人の松村邦洋が出演、自身の恋愛について語り、話題を呼んでいる。


11日からスタートした本番組、初回はアシスタントの安田美香が「洋服を着るのを忘れる」というハプニングで話題となったが、続く2回目の放送でも松村の恋愛トークが大きな話題に。

自身の恋愛について聞かれた松村は、「もうこの年になったら、雰囲気の中で楽しめたらいいかな、って。あとは老人ホームに入ろうかと思っているんですよ。芸人をいっぱい集めて、芸人のシェアルームみたいな。それで芸人に看取られて亡くなるみたいな」と独身ならではのリアルな願望を告白した。

伊集院は「今までは(恋愛)ないの?あんまりそんな話したことないでしょ?」と質問、すると松村は「今までは・・・恋愛は・・・。うーん、、ちゃんと話せるような恋愛をしてないっすね」と発言。意味の分からない伊集院と火曜アシスタントの上田まりえは、「どういうこと?(笑)」「言えない恋愛って何?」とさらに質問、松村は「基本的に僕は・・・プロなんですよね、恋愛は」と答えたのだ。

さらに意味の分からない伊集院は「プロとの恋愛(笑)??」と質問、すると松村は「ローションの恋愛が多いですね」とハッキリと告白。この答えにもう笑うしかない伊集院は「ローションは恋愛に使わない(笑)」と突っ込むが、松村は「ローションのない恋愛は、なかなか少ないです!」とさらに打ち明けるのだ。

思わず「あー!朝の番組に呼ぶんじゃなかったよ~(笑)!この人は・・・」と松村の突然の下ネタトークを嘆く伊集院。そして「今まで逆に純粋な恋愛をしたことは?」と質問すると、松村は「あんまりしてないですね~。僕の場合は上半身と下半身ってのがあって、下半身が与党の時が多かったんですよ」「下半身と上半身が『別人』じゃないけど、与党になったり野党になったりしてるんですよ」とまたしても自由な発言が。また好きなタイプを訊かれた際も、「学校で言うと・・・わりと1学期の学級員が好きですね」「2学期とか3学期じゃなくて1学期の学級員が好きです」と、ここでも独自の名言を連発させていた。

この松村のギリギリトークにネット上では「ローションのない恋愛っていう松村氏鉄板のキラーワードが聴けたんで良かった」「松村、ローションとか放送事故だろwww」「めっちゃ笑ったww」「朝から飛ばしてるなw」「朝のラジオでwwハラハラしちゃう」「松村邦洋の名言連発で、2回目も伝説に」「放送1日目は開口一番わっしょーい!と叫び出した女性アシスタントが実はパジャマで出勤、2日目はゲストの松村邦洋氏が恋愛経験を問われ完全アウト気味な下ネタを放出と、毎朝聴かざるをえない番組のようだ」など早速話題を呼んでいる。



■参照リンク
『伊集院とラジオと』公式サイト
http://www.tbsradio.jp/ij/


■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む