元中日・山本昌が自らの野球人生&現役生活への未練を告白、「アツすぎる」と話題に


4月9日に放送された『アナザースカイ』(日本テレビ)に、2015年に32年間の現役生活にピリオドを打った元中日ドラゴンズの山本昌投手(50)が登場。番組中で語ったその胸のうちに視聴者からの注目が集まっている。


この日、番組では、山本がその飛躍のキッカケを掴んだ野球留学の地・フロリダを28年ぶりに訪問。思い出の地を巡りながら、当時世話になった現地のスタッフと再会したり、彼に野球のいろはを教えてくれたという恩師・アイク生原との思い出話を語ったり、山本の野球人生を振り返ったりといった内容であった。

そうした中、山本は、自らの野球人生について「やっぱり野球選手ってみんな悔いはないとか言って辞めていきますけど、長くやりたかったと思うんですよ。今までの日本の野球の歴史上、一番長く私はプレイしたわけだから、私が今までの野球選手の中で一番幸せだというふうに自負しています」と語り、同じ歳の今田耕司から「現役生活に悔いはないのか?」と尋ねられると「悔いあります」と現役生活への未練を覗かせた。そのため、こうした山本のコメントを聴いたネット上のプロ野球ファンからは「ホントに現役復帰できそうで怖いわw」「昌さんならやれるで!」「2ヶ月後くらいに育成で再契約とかありそうwww」「アツすぎる」「これは現役復帰あるで!」といった声が相次いだ。

今田の話によると、今回の収録中、そのVTRを見ながら、「練習すれば一勝絶対できます」と語ったという山本。その第二の人生における好投に注目したいところだ。


■参照リンク
『another sky-アナザースカイ-』公式サイト(金曜23時から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/anothersky/
山本昌 Twitter
https://twitter.com/yamamoto34masa

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む