イギリス史上最も恐ろしい凶悪双子による兄弟喧嘩!トム・ハーディとトム・ハーディがガチ殴り合いする『レジェンド 狂気の美学』予告解禁



『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)、『レヴェナント: 蘇えりし者』(15)のトム・ハーディが、ひとり二役で双子のギャング、クレイ兄弟を演じた『レジェンド 狂気の美学』が6月18日より全国公開される。この度、本作の日本版予告編が解禁された。

https://youtu.be/rW04HlNPfbY


予告編は60年代半ば最盛期のクレイ兄弟が高級車でロンドンの街を走る場面から始まる。恐怖と暴力、そして兄レジナルドの商才を武器に街を支配したと言われる二人を彷彿とさせるシーンが続く。


中盤にはレジナルドの恋人でのちに妻となる、フランシス(E・ブラウニング)が登場。フランシスのために裏社会から足を洗おうとするレジナルドと、そのことを快く思わない弟ロナルドの姿や兄弟の諍いが描かれる。


イギリスではその犯罪歴のみならず、底辺からトップに上り詰めた生き様そのものが"伝説"と称されるクレイ兄弟だが、本作ではこれまで語られることのなかった彼らの人間らしい苦悩や葛藤が描かれていることを予感させる予告編となっている。


1960年代初頭、活気に満ちたロンドン。双子のギャング、レジナルド・クレイとロナルド・クレイは手段を選ばない方法で街の権力を手中に 収めつつあった。さらなる勢力拡大のためにアメリカのマフィアと手を組み、有力者やセレブリティとも懇意の関係を築き上げた彼らの影響力はイギリス社会の上流階級にまで及び、その勢いはとどまるところを知らなかった。そんな時レジーは部下の妹フランシスと恋に落ち結婚。悪事と手を切ると約束したレジナルドは、自らが所有する複数のナイトクラブの経営に注力するようになる。しかし組織内の不調和、警察の執拗な捜査、ロナルドの凶暴性、偏執性と自滅的な行動が引き起こす数々の災厄によって彼らの栄華は徐々に脅かされてゆく。やがて兄弟の絆に綻びが生じ、レジナルドとフランシスの結婚 生活も破綻してゆく―。


映画『レジェンド 狂気の美学』は6月18日(土)より YEBISU GARDEN CINEMA,新宿シネマカリテほかにて全国ロードショー

(C) 2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

■参照リンク
映画『レジェンド 狂気の美学』公式サイト
www.legend-movie.net

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む