【脱いだらスゴかった!】窪田正孝がムキムキの肉体美を見せる特別動画がスゴすぎる



人気漫画家・福満しげゆきの代表作「生活【完全版】」を映画化した東出昌大主演『ヒーローマニア–生活-』が5月7日(土)より全国公開される。へたれフリーターを中心に結成された自警団を描くエンタテインメントである本作に、"格闘技マニア"の【土志田】役で出演するのが、今大人気を誇る注目度ナンバーワンの俳優・窪田正孝だ。この度、土志田の正体が明らかとなる特別映像が到着した。

https://youtu.be/XKrFgUzGmOs


窪田が演じるのは、ニートの下着ドロボー・土志田。寡黙ながらも身につけた武術を駆使し、確実に悪を裁いていくキャラクターをほぼ吹き替えなしで演じている。

今回公開となった映像では、敵に見立てた木人でトレーニングする土志田の姿が捉えられており、その鍛え上げられた肉体から繰り出される数々のアクションシーンは必見だ。

さらに、類まれな身体能力を持つ一方、人付き合いはめっぽう苦手で内向的な土志田が、不器用ながらもようやくできた仲間を大切にしようと彼なりに距離を縮めていったり、「今僕は中津さんの何なんですか...?」ともじもじ問いかける姿は、戦闘シーンとのギャップに胸キュンせずにはいられない。


会社をリストラされたフリーター・中津(東出昌大)は、ある時出会った、謎の身体能力を誇るニート・土志田(窪田正孝)、情報収集力抜群の女子高生・カオリ(小松菜奈)、昼は定年間近のサラリーマン、夜は"若者殴り魔"の日下(片岡鶴太郎)と町を守る自警団を結成、社会が裁ききれない小さな悪を、天誅と称し、高いところから吊り下げて晒す行為を始める。それはやがて、市民の賛同を得るようになり、自警団は巨大な組織に成長し、日下がスカウトしたホームレス宇野(船越英一郎)を社長とし、低料金の警備サービスを提供する会社を始めるが...。



映画『ヒーローマニア–生活-』は5月7日(土)より全国ロードショー



(C)福満しげゆき・講談社/映画「ヒーローマニア-生活-」製作委員会

■参照リンク
映画『ヒーローマニア-生活-』公式サイト
heromania.jp

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む