『とと姉ちゃん』次女・鞠子を演じる相楽樹がじわじわ人気上昇中!「大化けしそう」「壇蜜似」


今期の朝ドラ『とと姉ちゃん』。亡き父に代わって"とと=父"の役割を担い母と2人の妹たちを守り、昭和の激動時代を生き抜くたくましいヒロイン・小橋常子(高畑充希)とその周囲を描く物語だ。いま、主人公・常子の妹の鞠子を演じる女優・相楽樹が注目を浴びている。


相楽演じる鞠子は小橋家の三姉妹の次女。公式サイトには「豪快な姉とは対照的に、勉強はできるがスポーツは苦手な真面目な性格。年の近い姉の引きとめ役でもあり、相談相手でもある」とあり、たしかに、劇中では、熱くなる常子に対し冷静に突っ込んだり、長女と三女の喧嘩の仲介に立ったり、"真ん中の子"らしい調整役に回っている。朝ドラファンからは、「真ん中の鞠子がいい」「スーパー次女」「常子のいい支え役」「頼りになる!」「鞠子ちゃんから目が離せない」「冷静で賢い」といった声も寄せられており、ファンの多いキャラクターであることがうかがえる。

そんな鞠子を演じる相楽樹は、ともさかりえや蒼井優などを抱える芸能事務所・イトーカンパニーに所属しており、これまで、『さよならドビュッシー』(13)や、『私の男』(14)などに出演してきた。鞠子というキャラクターにとどまらず、相楽自身に注目する視聴者も多く、「鞠ちゃん役の子かわいい」「壇蜜に似てる」「ヒットの予感!」「色っぽい子だなー」「一見地味だけど大化けしそう」「綺麗な女優さん」「女学生ルックが似合う」「若いのに落ち着いた感じ」など、おっとりとした話し口調で、優等生の鞠子を好演する彼女に魅力を感じているようだ。

現在21歳でありながら、どこか古風な顔立ちで、落ち着いた"やまとなでしこ"風の雰囲気をまとう相楽。『あまちゃん』(13)の有村架純や、『まれ』(15)の清水富美加など、朝ドラは、主演のみならず助演女優たちのブレイクのきっかけにもなる。放送開始わずかながら、多くの期待の声があがっている相楽の今後の活躍に多くのファンが目を離せないだろう。




■参照リンク
連続テレビ小説『とと姉ちゃん』公式サイト(NHK)
www.nhk.or.jp/totone-chan/
『とと姉ちゃん』公式Instagram
https://www.instagram.com/nhk_totonechan/

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む