マライア・キャリーが昔恋人を取られた「悪女ビアンカ」に変身!?ファンから「懐かしすぎる」と歓喜の声


ディーバ、マライア・キャリー(46)が、1999年のヒット曲「Heartbreaker」のPVで、一人二役で自ら演じた悪女ビアンカになりきった写真を投稿し、往年のファンを喜ばせている。


黒のボディスーツにニーハイヒールブーツ、黒のウィッグに目元もブラック基調のアイメイクで、悪女感満載のなマライア。「紳士淑女の皆さん...」というコメントと共に、ハッシュタグで「#Bianca」と入れたコメントと共にアップしたこの写真には、「ビアンカきた!」「懐かしすぎる」「相変わらずセクシーだな」「悪女降臨ww」などファンからも喜びのコメントが。

Ladies and gentlemen... #Bianca 😘😘😘

Mariah Careyさん(@mariahcarey)が投稿した写真 -



#Bianca returns 😘😘😘

Mariah Careyさん(@mariahcarey)が投稿した写真 -



ビアンカは「Heartbreaker」のPVの中で、マライアの恋人(演じたのはジェリー・オコネル)を寝取るビッチ役として登場。マライアがピンクのクロップトップにジーンズというちょっと甘めな恰好なのに対し、ビアンカは胸元を大きくあけた赤いトップスにヘソ見せ、黒髪もきつめないかにも悪女といった出で立ちで、マライア自身が一人二役したのもあり、当時大きな話題となった。



■今月のAOL特集
歌姫マライア・キャリー セクシーすぎる変遷【フォト集】
続きを読む