メル・ギブソンが新TVドラマシリーズを監督!サンフランシスコ誕生に秘められたスキャンダラスな歴史を描く



映画『ブレイブハート』(94)でアカデミー監督賞も受賞している俳優メル・ギブソンが、新しく始まる海外ドラマの監督&脚本を手掛けることが明らかになった。



『The Barbary Coast(原題)』というタイトルのこのドラマシリーズは、映画『ギャング・オブ・ニューヨーク』などで知られる作家ハーバート・アスバリーの原作をもとに、1849年のゴールドラッシュ時代、サンフランシスコの誕生を描いたもので、既に主演はカート・ラッセル、ケイト・ハドソンの親子で決定している。

「ほとんどの人が、サンフランシスコ誕生の裏に隠されたスキャンダラスな歴史を知らない。このドラマはその時代に成功した人たちのほとんどが法を犯し、非道な方法でのし上がっていた真実を描く物語だ」とプロデューサーのマーク・ゴードンは語る。

新たな名作ドラマの誕生となるか、楽しみである。



■参照リンク
http://deadline.com/

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む