【PR】新生活に最適なPCを探せ! デジモノ識者たちの「オススメPC」はコレだ



IT~メディア分野で一筆する作家/ジャーナリスト・佐々木俊尚、"プログラミング界の女神"こと女優の池澤あやか、デジモノ紹介でお馴染みのYouTuber・ジェットダイスケ、<Engadget>編集長・鷹木創という、PC活用のプロで結成された「Windowsパソコン推進委員会」が、最新の<Windows10>PCを独自の視点で紹介するレビュー動画が公開中だ。これを見れば、春の新生活にベストマッチなPC選びの参考になること間違いなし!



■「LAVIE Hybrid ZERO」

池澤さんが思わず「軽っ!? これ中ちゃんと入ってるんですか?(笑)」と驚いた「LAVIE Hybrid ZERO HZ650」。NECが「ノートPC世界最軽量」と謳うだけあって、なんといってもその軽さが一番のウリだ。とはいえ、ジェットダイスケ氏も「この薄さでUSBふたつにHDMIはスゴい」と言うとおり、機能性も申し分なし。

13.3インチの「HZ650」は液晶画面をキーボードの底面まで廻すことでタブレットと同じように使えるが、「LAVIE Hybrid ZERO HZ300」はキーボードが分離して完全にタブレットになるデタッチャブル型。11.6インチ画面で、こちらも世界最軽量の798g。しかもタブレットだけなら410gという軽さなので、日常的に持ち歩いても苦にならないだろう。


■「富士通 FMV LIFEBOOK SH90」

佐々木さんがイチオシするのは、本体右側面に設けられたモバイル・マルチベイ。ここには光学ドライブや、容量を拡大するハードディスクユニット、さらに20時間も稼働可能になる増設用バッテリーなどを取り付けることができるので、自身の用途にあわせてカスタムが可能だ。

ジェットダイスケ氏が注目したのは、左側面のD-Sub端子と有線LAN端子。「地方出張する時いるでしょう!?」と、他のノートPCが薄型化/軽量化のために削ぎ落とした機能を賞賛した。また「超圧縮ソリッドコア」ボティで衝撃にも強いという、堅牢さも兼ね備えた質実剛健なPCだ。


■「ヤマダ電機 EveryPad Pro」

片手で難なく持てる8インチサイズの「EveryPad Pro」は、<デル>が開発したヤマダ電機オリジナル・タブレット。SIMフリーのLTE対応で高速通信が可能なうえ、USB充電に対応したバッテリーは10時間駆動の安心稼働だ。

ジェットダイスケ氏も「カットアンドペーストができるので、インラインでのメール返信ができちゃう」とコメントしているとおり、フル機能のWindows搭載でMicrosoft Officeや従来のアプリも使えるなど、ビジネス用途にバッチリ対応したタブレットである。


■「Lenovo ideapad Miix 700」

背面に「ウォッチバンド・ヒンジ」のスタンドを内蔵しており、好みの角度で使えるのが最大の特徴だろう。キーボードを外してタブレット化すると750g、装着時でも1.08kgと軽量。

また、左右両側にUSB端子を搭載するなど、ビジネス使用への気配りも申し分なし。堅牢な質感は安心感があるが、思わず触れたくなるほどラグジュアリーなデザイン/素材はオシャレ度が高く、周囲の注目を集めるはず。


■「東芝 dynaPad N72」

12インチのWindowsタブレットでは世界最軽量。佐々木さんが「自分の筆跡と近い」と評したペンタブ機能は書き味が滑らかで、線の太さや濃淡も表現できる。

もちろんキーボードと合体させればノートPCとしても使用可能。池澤さんは「手書きの良さと、検索できたりコピペできたりするデジタルの良さが、どっちも活きてる」と賞賛。


さて、デジモノ識者たちによる最新ノートPCレビューはいかがだっただろうか? ちなみに、今回紹介されている機種は、どれもMicrosoft Officeを標準装備しているうえ、Microsoftのオンラインストレージサービス<OneDrive>1テラバイト分が年間無料で使用できるとのこと。バリバリのビジネスマンから新社会人、そして大学生まで、新生活を彩るノートPCの購入前に、この動画を参考にしてみては?
続きを読む