前田敦子の濃密すぎるキスシーンの連発に視聴者大興奮!新ドラ『毒島ゆり子のせきらら日記』が想像以上にエロすぎる


新ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS)がスタートした4月20日深夜、男性視聴者からは、同ドラマのヒロインを演じる演じる元AKB48の女優・前田敦子が披露した大胆なキスシーンが大きな注目を集めることになった。


前田演じるヒロイン・毒島ゆり子は、「彼氏を必ず二人つくる」という、なんとも変わった恋愛ルールを定めている政治記者だが、パートナーのひとりである恋人・美登里(渡辺大知)は、そんな彼女のおかしなルールを受け入れ二股を容認している。ある日、彼女は異動を命じられ、大物政治家の黒田田助(片岡鶴太郎)の番記者をつとめることに。そこで彼女はライバル紙のエース記者である小津翔太(新井浩文)と出会い、彼に惹かれていく...と、"深夜の昼ドラ"と謳うだけあって、その内容は男と女の情念が激しく蠢くドラマとなりそうな予感をさせる初回放送であった。さらに、前田演じるゆり子が、恋人・美登里と激しいキスをする場面もあり、そのあまりに濃密すぎるセクシーなキスシーンは、男性視聴者をテレビの前の釘付けの状態に誘った。

こうした彼女の披露した激しく、濃密なキスシーンに、ネット上からも「くっそエロいwww」「あまりにエロすぎてwww」「とんでもねえビッチwww」「俺たちのあっちゃんが!!!」「来週とんでもないことになりそうだなw」といった声が相次いだ。初回では、既に複数の男性に対して、同時に強い興味を抱いている様子が描かれた彼女。そのあまりに情熱的すぎる肉食ぶりに今後も視聴者からの注目が集まりそうだ。

https://youtu.be/O5TyHmcXI68


■参照リンク
『毒島ゆり子のせきらら日記』公式サイト(水曜深夜0時10分からTBS系列にて放送)
www.tbs.co.jp/busujima/

■今月のAOL特集
キム・カーダシアン、セクシーすぎるセルフィー史【フォト集】
続きを読む