宮沢りえが強くて優しい「お母ちゃん」を熱演!映画『湯を沸かすほどの熱い愛』ティザーポスター解禁


10月29日(土)に公開される、宮沢りえ主演の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』のティザーポスタービジュアルが公開された。


自主制作映画『チチを撮りに』が、ベルリン国際映画祭他、国内外10を超える映画祭で絶賛された、中野量太監督が商業デビューを飾る本作は"死にゆく母と、残される家族の愛と絆"という普遍的なテーマを描く驚きと感動の詰まった物語だ。主演の宮沢が演じるのは、会う人すべてを包みこむ優しさと強さを持つ"お母ちゃん"双葉。今回到着したポスターの中ででは、双葉が営む銭湯「幸の湯」にて、デッキブラシを担ぎ上げ仁王立ちしている。余命2カ月のはずだが生気に溢れており、顔には笑みさえ浮かべているのだ。

『紙の月』で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞他、2014年の賞レースを総なめにし、名実ともに日本を代表する女優となった宮沢は、脚本を読み「心が沸かされた」と出演を決めたといい、双葉役は彼女以外には考えられないと思わせる熱演を見せた。

双葉の娘・安澄を演じるのは、朝ドラ『とと姉ちゃん』にも主人公の末の妹役で出演予定の、今もっとも注目の実力派若手女優・杉咲花だ。さらに、頼りないけどなぜか憎めないお父ちゃんを演じるのは、オダギリジョー、旅先で双葉と出会い、彼女の母性に触れ人生を見つめ直していく青年・拓海役に松坂桃李、そして篠原ゆき子、駿河太郎、オーディションで選ばれた驚きの新人子役・伊東蒼が新しい家族の物語を彩る。死にゆく母のほとばしる熱い想いが、一体家族になにを巻き起こすのか?その先に待つドラマも想像がつかないからこそドキドキが増すばかりだ。


幸野家が営む銭湯「幸の湯」は、父が1年前にふらっと出奔して以来、休業状態。しかし、母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていたが、突然「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく。家出した夫を連れ帰り家業の銭湯を再開させる、気が優しすぎる娘を独り立ちさせる、娘をある人に合わせる...母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うものだった。ぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく家族。そして母から受けた大きな愛で繋がった家族は、究極の愛を込めて母を葬(おく)ることを決意する。


映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は10月29日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

■参照リンク
映画『湯を沸かすほどの熱い愛』公式サイト
atsui-ai.com

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む