自らも裸族に!?アフリカ愛を語る美しすぎる写真家・ヨシダナギの赤裸々トークがネット上で話題に


4月26日深夜に放送された『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ)に、写真家・ヨシダナギが登場。番組中で披露したそのアフリカへの強い愛と美しいルックスに男性視聴者からの注目が集まっている。


俳優・伊藤英明による監修・演出という形で『トリオTHEパスポート真っ黒け女』と銘打たれたこの日、「パスポート真っ黒け=海外に精通している」という観点から、番組では海外をこよなく愛する、アナウンサー・神田愛花、お笑い芸人・セクシーチョコレートのREINA、写真家・ヨシダナギの3人がゲストとして出演し、自らが魅了される世界各地の特徴や、そこに込められた想いについて熱く語った。

そうした中で、これまで16カ国、およそ200以上のアフリカ民族を取材し、3ヶ月に1度はアフリカに行くというヨシダは、現地で「泥水で茹でて、泥水で洗ったゆで卵」を食べた話などをしつつ、「うちめっちゃ貧乏だったんですよ。1週間に110円しかお小遣いもらえなくておやつをみんなほど買えないんで外でアリンコつまんで食ってみたり...」「小さいときからアフリカ人が好きで保育園のときに初めてテレビでマサイ族を見て将来あれになろうと」まど、幼少期から割とワイルドな子供であったことを告白。その後も、これまで撮影した写真を交えつつ、現地の人々にまざって自らも裸になり、写真を撮影する際の様子に触れ、「裸族の人は私が脱ぐと学術的に乳首引っ張って毛穴まで見るんですよ」「みんな私の乳首の色が珍しくて」と、衝撃のカミングアウトも行った。

この日の放送を観た男性視聴者からは「なんかかわいいな」「キャラが強烈!」「なかなか蟻とか食べないよな」「エロいなw」「一緒に裸で写真撮るなんてスタッフとして同行したいw」「自分探し野郎が嫌いとかwww」「タダモノではないwww」といった声が相次いだ。

ヨシダと言えば、時には自らの着衣を脱ぎ捨てて撮影に挑み、現地の人々と文字通り"裸の付き合い"をすることでも知られる写真家。そんな美しく、個性的な彼女の活躍に、男性視聴者のみならず、今後も多くの人々が注目しそうだ。

■参照リンク
『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』公式サイト(火曜23時59分から日本テレビ系列にて放送)
ntv.co.jp/konkurabe/
ヨシダナギ 公式サイト
nagi-yoshida.com

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む