最悪の父親を演じる三浦友和が怖すぎる!マスコミで賛否両論の衝撃作『葛城事件』本編映像解禁



『その夜の侍』(12)で監督デビューを果たし、国内外で高い評価を得た赤堀雅秋の監督作『葛城事件』が6月18日(土)より全国公開される。プレスやジャーナリストの間では、「傑作だ」「凄い」「本物の人間ドラマ」という絶賛を受ける一方で、あまりに壮絶な内容に「後味が悪すぎる」「ウチでは紹介できない」という声も挙がり、大きな話題を集める作品だ。主演を務める名優・三浦友和が、理想の家族を求めながらも、崩壊へと向かわせてしまった、無差別殺傷事件を起こした死刑囚の父親を鬼気迫る迫力で演じている。この度、本作の本編映像が公開となった。

https://youtu.be/T95zpgCjp9E


場面は、三浦友和演じる清が、田中麗奈演じる、無差別殺傷事件を起こした葛城家の次男・稔と獄中結婚する謎の女・星野を連れて、町内のスナックを訪れるシーンだ。暗い室内にもかかわらず、サングラスをかけ、デュエット曲「三年目の浮気」の男性パートだけを一人で熱唱する清。女性パートではカラオケ音だけが虚しく響く奇妙な光景だ。星野が「私も歌いましょうか...?」と進み出るも無視して熱唱。歌っている途中で気が済めば、突然「(カラオケを)切れ!」と命令する。

スナックに居合わせた近所の男たちは、息子が死刑囚になったというのに、酒を飲みカラオケに興じ、あまつさえ横暴に振る舞う清にドン引きしている。葛城清、この男はどこかおかしい...。スナックのソファー席でのやりとりでは、近所の男たちに「良かったら一緒に飲もうよ」「ジジイばっかりでコソコソやってないでさあ...」と憎まれ口を叩く清。「自分の立場ってものをわきまえろよ」「早くこの町から出ていけ!」と言い返す男たちに、清は思い切り灰皿を投げつける。


映画はこのような葛城清の常軌を逸した行動、言動が多数登場し、最悪の父親像を三浦友和が見せている。三浦は「家族全員、どこかいっちゃっていてキャラが立っているのですが、清は特に身近にいてほしくないタイプ。家族はたまらない」と語る。近年『アウトレイジ』シリーズで演じた非道のヤクザや、ドラマ「極悪がんぼ」で演じた金髪の極悪キャラが、かつてのイメージと大きく異なると大きな話題になった三浦だが、今回はその印象さえ吹っ飛ぶ、まさに鬼気迫る演技。理想の家族を求めながらも、一家を抑圧的に支配し、崩壊へと向かわせてしまった父親役は、まさに「新境地」といえる。


親が始めた金物屋を引き継いだ葛城清(三浦友和)は、美しい妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし、清の思いの強さは、気付かぬうちに家族を抑圧的に支配するようになる。長男・保(新井浩文)は、幼い頃から従順でよくできた子供だったが、対人関係に悩み、会社からのリストラを誰にも言い出せずにいた。堪え性がなく、アルバイトも長続きしない次男・稔(若葉竜也)は、ことあるごとに清にそれを責められ、理不尽な思いを募らせている。清に言動を抑圧され、思考停止のまま過ごしていた妻・伸子(南果歩)は、ある日、清への不満が爆発してしまい稔を連れて家出。そして迎えた家族の修羅場...。葛城家は一気に崩壊へと向かっていく―。



映画『葛城事件』は6月18日(土)新宿バルト9他全国ロードショー

(C)2016「葛城事件」製作委員会

■参照リンク
映画『葛城事件』公式サイト
katsuragi-jiken.com

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む