「生きる放送事故」平野レミ、自由すぎる1分間クッキングで「ケロッグ」トニーもドン引きの料理が完成【動画】



"生きる放送事故"こと平野レミが自由にクッキングするWEB動画が公開され話題を呼んでいる。

https://youtu.be/8Ai_SquJ61Y


これは、2016年3月にリニューアルした「フルーツグラノラ ハーフ」のプロモーション動画で、その名も『平野レミの神ワザ!1分クッキング?ぶっさしグラチー篇』。ケロッグを代表するキャラクター「トニー・ザ・タイガー」と一緒に、平野が栄養バランス満点の「フルーツグラノラ ハーフ」を使った一風変わったレシピを紹介していく。

天の声から「さぁどんな料理を作ってくれるんでしょう?」と振られた平野は、「今日はね、ぶっさしグラチーを作るの!」と料理を発表。料理に必要な材料を紹介していくのだが、「なんでもいいの。」「あと・・・竹串ですね。これだけ用意してれば、なんでもできますね。」とかなり適当だ。

そしてグラノラとチーズを交互にボウルに入れていき、「グラノラ入れるでしょ~、チーズ入れるでしょ~」とひたすら繰り返す。それをレンジで温め、ラップを使って団子状に丸め冷蔵庫に。その後、冷蔵庫から取り出したその団子に、なんと竹串を刺し始めるのだ。戸惑うトニーに、「大丈夫よ、すごく楽しくなるからね!ちょっと待っててね。」となだめる平野。

その後も、「大根を刺したりとか・・・きゅうりをぶっさしちゃったりとか!」と野菜を次々と竹串に刺し、それを更にレタスに刺すという、段々とカオスな姿へと変貌していくグラノラ料理。最後は「皆さんも是非お試し下さい!じゃあトニーちゃんも一緒に...バイバーーーーーイ!!はーーーい。息吸って。あーーーー。」と最後まで平野ワールド炸裂な1分クッキング動画となっている。

ちなみに平野は家族そろってケロッグの製品が大好きとのことで、「ケロッグの商品はずっと活用している」「使い方として普通は朝食なんですけれども、私は遥か昔からコーンフレークをパン粉代わりに使ってたりとかして」など、オリジナリティあふれる使い方をしているようだ。


■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む