10代とは思えない!現役大学生のシンガーソングライター・焚吐(たくと)がじわじわ人気上昇中


4月26日深夜に放送されたTBS系列の音楽番組『ライブB♪』に、テレビ初出場となったシンガーソングライター、焚吐(たくと)に若い世代を中心に注目が集まっている。


19歳の現役大学生で自ら作詞・作曲を務めるシンガーソングライター・焚吐は、昨年10月にデビューしたばかり。ボカロとロックを融合させた新世代アーティストで、今回がテレビ初パフォーマンスとなった。

2012年にレコード会社主催のオーディションにおいて審査員特別賞を受賞し音楽の世界に入った焚吐は、小学4年生でギターに目覚め、1年後には自分で歌を作るようになったという脅威の才能の持ち主。さらにまだ10代ながら曲のストックは既に100曲にものぼるというから驚きだ。

10代特有の挑戦的な目と強い顔つきが印象的な焚吐だが、ステージに上がると一変、細く女性のような声で「本日がテレビ初出演ということで、欠けたもの同士が惹かれ合うことで強い気持ちが生まれるのではないか、という強いメッセージを込めてます」と緊張した面持ちで自身のセカンドシングル『ふたりの秒針』を紹介。その容姿とは裏腹に、あまりに大人しい雰囲気と声質からまるで小動物のようなイメージを抱くが、歌い始めると独自の世界感を持つ歌詞にその透き通るような声が見事にマッチし、むしろその華奢なイメージを良い意味で裏切るような力強いパフォーマンスが観る者の目をひきつけ、初々しくも印象に残るステージを披露した。

ネット上では「すげー透き通るようなイイ声」「これから成長していきそう」「喋る時と歌う時のギャップおもしろすぎて変に引き込まれた」「イケメンだよね?」「ヤバい、かっこいい!」「なんか耳に残る声」「しゃべると普通なのにすごいギャップ」などの声があがっており、早くもブレイクの予感を漂わせている。





■参照リンク
『ライブB♪』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/live-b/
焚吐 公式サイト
http://takuto-official.com/


■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む