美魔女・常盤貴子が若き美容師演じる池松壮亮のストーカーに 『だれかの木琴』9月公開


ベルリン国際映画祭銀熊賞を始め世界中で多くの映画賞を受賞している名匠、東陽一のもと、常盤貴子×池松壮亮が豪華初競演を果たした『だれかの木琴』が2016年9月10日(土)に、有楽町スバル座、シネマート新宿ほかにて全国公開となることが決定した。


本作は、ふとした心の隙間に入って来た美容師の男に、どうしようもなく心が囚われていく、ごく普通の主婦の常軌を逸した強い〈執着〉と、そんな女の飢餓感を見つめる男の〈想い〉が重なり合いねじれていく、男と女の関係をスリリングに描いた大人のサスペンスだ。原作は直木賞作家の井上荒野。


主人公小夜子を演じる常盤貴子は、女性が心の奥底に抱える孤独と葛藤を、リアルな狂気と匂い立つようなエロスで繊細かつ大胆に演じ、女優として新たな代表作をここに打ち立てた。そんな小夜子と正面から対峙する海斗を演じるのは、2014年の映画賞を総なめにした池松壮亮。ほか、小夜子の夫に勝村政信、海斗の恋人に佐津川愛美ら実力派が集結した。


スマートフォンが普及し、SNSで簡単に人と繋がれ、他人の動向が追えてしまう現代、誰もがストーカーとなる危険をはらんでいると言っても過言ではない今の時代。どこにでもいる主婦の小夜子に、本当は何があったのか──最後にそれに気づいた時、観る者の心にある孤独も解き放たれていく、魂の共鳴の物語だ。


夫と娘と郊外に引っ越したごく普通の主婦の小夜子は、新しく見つけた美容院で少し髪を切る。海斗と名乗った若い美容師からその日のうちにお礼の営業メールが届き、それに返信したことから小夜子の日常は一変する。自分でも訳がわからない衝動に駆られ、何度もメールを送っては頻繁に店を訪れ海斗を指名する小夜子。ついには海斗のアパートを探し当て、呼び鈴を押してしまう...。海斗へのストーカー行為がエスカレートするほどに、小夜子は生き生きと輝き美しくなっていく。やがて、家族や海斗の恋人を巻き込んで、2人がたどり着いた思わぬ結末とは...?


9月10日(土)有楽町スバル座、シネマート新宿ほかにて全国公開

(C) 2016 『だれかの木琴』製作委員会

■参照リンク
映画『だれかの木琴』公式サイト
www.darekanomokkin.com

■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む