やけに街で見かける人気ブランド「カナダグース」の新キャンペーンが話題に【動画】



昨年~今年の冬は、街を歩けば誰もが"あのダウンジャケット"を着ている...と言いたくなるほど、日本でも大人気の<カナダグース>。そんな同ブランドによる最新のマーケティングキャンペーンにも注目が集まっている。

https://www.youtube.com/watch?v=BnjiGXb5PHw


カナダ・トロント発のアウターウェアブランド<カナダグース>が、アメリカの大手エージェンシー<クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー>と制作した春向けアイテムのマーケティングキャンペーン映像を公開した。

約3分間の映像のテーマになっているのは、エクストリーム・ランナーのレイ・ザハブ氏の世界を巡る冒険だ。彼は若い世代のための非営利団体<Impossible2Possible>で活動している人物でもある。そんな彼が、同ブランドの軽量ジャケット「ハイブリッジ・ライト・ジャケット」などを着用して登場。

動画では、レイ・ザハブ氏がソーシャルメディアを通じて公開してきた多数の写真を紹介。本人がナレーションを担当しながら、"もともとはヘビースモーカーだったが、アスリートの弟の影響で人生が変わり、ウルトラマラソンに魅せられ、世界でランニングを続けるようになった"という彼の半生や、世界各地でのランニングの思い出について語っている。

また、同社の最高マーケティング責任者であるKevin Spreekmeester氏は、「特にニューヨークのような場所に住む人々の多くは、我々に対して厚いアウターやダウンジャケットのイメージを持っている。冬以外にも素晴らしいアイテムを出しているのは知られていない」と語っている。

同社は昨年秋に世界中に向けたプロモーションを開始しており、今回は第2弾のマーケティングキャンペーンにあたる。昨秋のキャンペーンでは、<カナダグース>の検索が500%も増加し、屋外広告のインプレッションは6,200万以上、動画の再生回数は約3,000万回に達したそうだ。

同社は近年、爆発的に売り上げを伸ばし、売上高は約3億ドル(約333億円)に達しているらしい。しかし競合ブランドも多く、業界的にはネットでの売り上げにますます期待がかかっているという状況のようだ。

【参照リンク】
・カナダグース オフィシャルサイト
http://www.canada-goose.com
続きを読む