美女たちが「巨乳のツラさ」を歌って踊って解説してくれる動画が話題に



注目のコメディ女優が「巨乳が抱える悩み」について、歌って踊りながら解説するミュージックビデオが話題になっている。

https://www.youtube.com/watch?v=aZx5zfkG6oU


第73回ゴールデン・グローブ賞で、自身が共同プロデューサー/脚本/主演を務めるミュージカルコメディドラマ『The Crazy Ex-Girlfriend(原題)』で<女優賞(TVミュージカル・コメディ部門)>を受賞したレイチェル・ブルーム。そんな彼女が「巨乳が抱える悩み」をミュージカル調に表現したミュージックビデオを公開した。

曲のタイトルはスバリ「Heavy Boobs(重いおっぱい)」で、作詞も共同で手がけたようだ。レイチェルが同ドラマで演じるレベッカ役として、共演者たちが演じるダンサーとともに歌い踊りながら、巨乳のツラさを訴える。

巨乳を上下に揺らしながら、全力で踊る女性たち。「おっぱいが重たい」と繰り返されるフレーズに加え、「速く走れない」「車にエアバッグは不要」と自嘲ぎみな解説が入る。

さらに「子どもの頭とサイズが同じ」「顔を叩いたら痛い(いわゆる乳ビンタ)」「ホチキス、鉛筆10本、リモコン、本、犬用のボウルを隠せる」「赤ちゃんにミルクをあげるためだけど、単に脂肪が詰まってるだけ」と嘆く...。

1曲を踊り終わった後は「おっぱいを揺らしすぎたわ」とばかりに、皆で巨乳を抱えながら痛がっている。多才なコメディ女優が歌って踊る乳ミュージックビデオに対し、

「笑える!」
「これは真実ね」
「男としては、巨乳とぽっちゃりした女性たちを見てしまう」
「魅了されてしまい、クラクラする...」
「脂肪だけじゃなくて、世の男性の夢と希望が詰まってる!」

と、ネット上ではなかなか好評のようだ。「Heavy Boobs」のミュージックビデオや楽曲は、iTunesでも発売中なので、気になる人はチェックしてみてはいかがだろう。

■今月のAOL特集
まさかのポロリセレブが大集合【フォト集】
続きを読む