起訴されたアメフト界のイケメンスター選手、懲りない「悪ふざけSNS投稿」に非難殺到【動画】



3月に、元恋人へのDV問題などを含む素行不良を理由にNFLクリーブランド・ブラウンズを解雇されたジョニー・マンジール。彼が自身のツイッターに、逮捕された際に撮影される「マグショット」を悪ふざけで掲載し物議を醸している。


マンジールは大学1年でMVPにあたるハイズマン賞を受賞し、一躍人気選手に。2014年のドラフト1巡でクリーブランド・ブラウンズに指名されたクォーターバックだ。そんな彼はデビュー前から素行の悪さが話題になっていた。

ドラフト指名でいきなり「マネー・サイン」をして怒られる。酒を飲んでバカ騒ぎしているビデオがさらされるも「オレの人生は誰も変えられない」とロック過ぎる発言。

その後もキャンプに遅刻、プレシーズンの試合で相手選手に中指を立てる、ファンと喧嘩、試合でNFLのレベルについていけず、遊びすぎた翌日のチームミーティングには来ない。そしてシーズン終了後にアルコール依存で集中治療センターに入院とシーズン1年目で悪の限りを尽くし、翌シーズン、一瞬活躍するもケガで戦線離脱。「アルコール依存を克服した」とチームに嘘を付き、再び酔っぱらいビデオが発覚する。

これまで、ヘッドコーチ、オーナーも関係修復や更生を試みるも、やはり2年間でこれだけやらかし、そしてDV騒動で遂にチームもさじを投げ放出を決断ーというのがここまでのストーリーだ。

今回のツイート写真はやはり批判を受け、現在は削除されているが、2011年に逮捕された際に撮影されたマグショットをジョークで掲載したものだという。2月に、当時恋人だった女性を口論の末数発殴り、女性が隣家に逃げ込んだことで発覚した事件。4月末に起訴され音沙汰がなかったが、今回の悪ふざけで全く懲りてないことが発覚し、米メディアも唖然としている。

有罪になれば4000ドルの罰金もしくは最高1年の刑務所行きとも言われているマンジール。今のところ犯罪の内容からNFLへの復帰は絶望的と言われているが、今後の去就に注目が集まっている。




■参照リンク
Johnny Manziel mugshot released: QB booked for domestic violence
www.si.com

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む